ロードスター ND シートにこんな理由があった

ロードスター
マツダが25年も作り続けてきた
スポーツカー。

このことは
クルマの性能うんぬんではなく、

まったく文句のつけようのない
大事業といえるだろう。

だからリスペクトの意味もあり
欠点はあえて書かないようにしたい。

もっとも、スポーツカーの場合、

クルマとしての欠点を挙げたら
キリがないだけに、

もともと走る楽しさだけを
目的にしたカテゴリーの
クルマなので

乗り心地や音、
振動に関しては、

ファミリーカーなどと
比較をすれば欠点だらけに
なってしまうだろう。

とはいえ、

ロードスターを長時間ドライブ
していると、

短時間の乗車ではわからなかった点も
浮かび上がってくる。

その中でも、

これは決して褒められるものでは
ないというものがある。

シート形状である。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ほかの部分は多少我慢できるとしても

このシートだけは許すことができない。

長時間座っていると、
お尻が痛くなってくるのだ。

さらに問題なのは、

作り手であるマツダのエンジニアも
このシート形状がよくない、

ということをわかっているということ。

それが、
実際のエンジニアの話だというから
なお驚きである。

なぜ、疲れるシートを
そのままに生産車に使用したのか

その理由はいくつもあるだろうが、

次期モデルについては
改良されているように期待したい
ところである。

マツダ MPV 新型はSUVに?

スポンサーリンク
スポンサーリンク