アルファード 30系 評価

5

トヨタ自動車が
製造販売している
大型高級ミニバンアルファードは、

2015年1月26日に3代目、
30系にモデルチェンジしました。

開発コンセプトは
「大空間高級サルーン」と定め、

単なるミニバンの枠を超えた
高級サルーンのような
クルマ作りを目指しました。

外観は大型のメッキされた
ラジエターグリルが印象的で、

威風堂々とした佇まいとなっています。

全高は2代目よりも
低くなりましたが、

床を低くしたことによって
室内高は2代目と同じ1400mmを確保しています。

シートはどこに座っても
ファーストクラス並の豪華仕様で、

ゆったりしているのが魅力となっています。

→ 新車アルファードが値引き価格から、さらに50万円以上安くなるテクニック!

走行性能の評価が高く、
特に乗り心地や操舵安定性が向上しています。

リアのサスペンションに
ダブルウィッシュボーン式を
採用したことや高張力鋼板の

採用範囲を拡大したことによって
剛性感が増したことが
大きく影響しているようです。

また、
制振材や遮音材を効果的に
配置して静粛性も向上しています。

パワートレインは2.5L、3.5L、
そしてハイブリッドの3種類が
用意されています。

人気の高いハイブリッドモデルは、

エンジンを
アトキンソンサイクル仕様の
2AR-FXE型に変更されて、
燃費が向上しています。

→ 新車アルファードが値引き価格から、さらに50万円以上安くなるテクニック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク