ホンダ 車 軽自動車 に足りないもの

1

2015年の軽自動車全体の
販売数台数は189万6210台で、

前年実績に対して
16.6%もの大幅なマイナスであった。

ホンダは34万5650台で14.1%の減
だがシェアはわずかにアップ。

それでも14.1%のマイナスだから
厳しい状況に変わりない。

ホンダにこの危機を立て直す
秘策はあるのだろうか。

しかもライバル他社は2016年から
2016年末にかけて
新車攻勢を仕掛けてくる。

→ ホンダ新型軽自動車が値引き価格から、さらに50万円以上安くなるテクニック!

 

ダイハツは2016年5月にアトレーワゴン、

9月にミライース、

スズキがワゴンRをデビューさせるが、

対するホンダはどうなのか?

2016年フルモデルチェンジ
をするホンダの軽自動車は
全くない、というのが実情である。

ホンダの軽自動車の
新車スケジュールを見ると、

2017年1月にバモスが
フルモデルチェンジするのを
皮切りに、

同じく12月にはNシリーズの
屋台骨である
新型NBOXがデビューし、

2017年中には、N-ONE、

2018年12月にはN-WGNが
フルモデルチェンジする予定に。

これでいいのだろうか?

ホンダの軽自動車ラインナップ
の立て直し策はどうなるのかと
いうと、

次期型N-BOXは2015年末
開催した販売店向けの
ビジネスミーてょんぐで
クレイモデルが提示された。

基本的には
キープコンセプトで進化させる
方向のようだ。

より見栄えがよくなり、
使い勝手を向上させ、

燃費改善を図る。

ただ、現行のN-BOXは
販売好調が続いており、

2015年の軽自動車銘柄別販売で、

ナンバーワンになっているから
大きな路線変更はないだろう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ただし、

2014年2月に追加設定された
N-BOXスラッシュが販売不振のため、

後継車はクロスオーバーSUV色
を打ち出したものになるだろう。

バモスは商用車ベースの
キャブオーバーワゴンだが、

次期バモスは
N-BOXよりも居住空間が
大きく取れるメリットを活かして、

レジャーヴィークル色の強い
多目的なモデルに仕立てられていく。

懸念されるのは低燃費競争で、

ホンダはスズキ、ダイハツ、
NMKV(日産&三菱)に
劣っているため、

他社に負けないためには
軽量プラットフォームと
基本コンポーネントの開発が
必要になってくる。

そこで2018年から2019年までに
Nシリーズとは別のプラットフォーム
を採用したミラやアルトのような
新型車を開発し、

発売する予定だという。

JC08モード燃費はアルト、ミラ
に続く35㎞/L越えの
ニューモデルを投入することに。

パワートレインも新たに開発され、

スズキのSーエネチャージ
(マイルドハイブリッド)、

ダイハツのイーステクノロジーに
対抗する低燃費技術を投入。

エンジン自体は660㏄直噴低速
アイドリングストップ付きになるが、

モーターアシスト方式の
マイルドハイブリッドはすでに
前モデルのフィットで実用化
しているので、

これを660㏄に移植する、
ということになりそうだ。

→ ホンダ新型軽自動車が値引き価格から、さらに50万円以上安くなるテクニック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク