トヨタ BB 新型の噂あり。

3

≪スポンサーリンク≫


トヨタには現在、

1.5Lクラスのコンパクトミニバンは
大ヒットとなった7人乗りシエンタ、

それにミニバンとはいかないまでも
スペースユーティリティに優れる
ポルテ/スペードがある。

これに加えて
ラクティスもミニバン的モデル
と言えるだろうか。

こうしたラインナップに加え、

最も小さいミニバンとして
1Lクラスのミニバンを用意する。

企画はトヨタ主体でやってきたが、

開発はダイハツが担当する。

生産もダイハツが行い、

2008年~2012年まであった
パッソセッテ/ブーンルミナス
のような存在になるという。

実質的にはbBの後継車となるが、

ダイハツブランドについては
現時点では不明。

bB時代、

ダイハツブランド用として
クーもあったが、

現在はbBのみ。

それも台数的には低迷している。

これまでヤング層を掘り起こす
ために遊びの要素が強かったが、

今後は実用性を最大限のウリに
する見込みだという。

ライバルはスズキのソリオ。

ソリオは1.2Lながら、
ハイブリッド車の設定など
コンパクトミニバンとして

月販売で4000台近く売る人気車
に成長している。

トヨタ、ダイハツ軍団としても
ほおってはおけないジャンル
といえる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

そこでこのbBともいえる
新型ミニバンを投入することになった。

エンジンはパッソと同じ
1KE-FE、996㏄。

これをターボ化し、

オリジナルの69psから90ps
程度まで高め、

トルクも9.4kgmから15.0kgm
あたりまで上げ、

重量増に対応する予定だという。

この1Lターボはトヨタでは初となり、

スズキのハイブリッドに対して
当面はターボで対抗していく
ことになる。

このあたりのターボの技術は
ダイハツの軽自動車用のノウハウで、

ソリオハイブリッドの
JC08モード27.8㎞/Lにどこまで
迫ることができるか注目が集まる。

デビューは2016年の秋が
予定されているが、

多少遅れる可能性もあるという。

価格についてはNAが130万円程度、

ターボでも150万円程度と
軽自動車並みの価格になる可能性
が大きい。

→ 新車が値引き価格から、さらに50万円以上安くなるテクニック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク