マツダ新型デミオ ディーゼルとガソリンの違いって?

マツダの新型デミオがすごい人気です!

登場してまだ1か月半ですが、
約20,000台の販売台数で、
そのうち6割がディーゼル車という
んです。

ディーゼル車って日本ではあまり
馴染みがないのですが、

そもそもディーゼル車って
なんなんでしょう?

クリーンディーゼルって?

かつては汚い、とか
油臭い、とか言われていました。

近年クルマの技術も進歩して、
以前とは全く印象が変わって
きました。

世界最高水準と言われる
日本国内の排ガス規制をクリア
したディーゼル車は、

燃費がよくパワフルという
特性をもったクルマなんです。

コモンレール式高圧燃料噴射装置

の採用により3大悪だった、
『汚い、臭い、うるさい』

を払拭することができるように
なったんですね。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

2011年までディーゼル車は日本国内
でも1万台にも満たない状況だったと
いいます。

それがスカイアクティブ-Dの登場、
CX5への搭載で、

爆発的に普及してきました。

現在では各社合わせて
約10万台にまで拡大しています。

ディーゼル車とガソリン車の違いは?

大きな違いは燃料です。
ディーゼル、いわゆる軽油ですが、

ディーゼルとガソリン、それぞれで
燃焼させる方法も違い、

給油されるときに、間違って
しまうと、どうにもならいない
っていうのは、ここにあります。

そもそも燃焼させるエンジンが
違うのですね。

ガソリン車は点火プラグの火花
でガソリンを燃焼させます。

ディーゼル車は自然着火です。
圧縮されて高温になった空気に
軽油を噴射することで、

燃え始めるというんです。

ガソリン車は炎に『引火』
ディーゼル車は『発火』

しやすいと言った特性が
あるんですね。

その他のマツダ 関連記事はこちら  >>>CX3が年内もの登場?

スポンサーリンク
スポンサーリンク