ホンダ新型フリードハイブリッドは”ちょうどいい”エンジンに。

pixel47

ホンダのフリードにも
モデルチェンジの情報が入りました。

全長4215mm
全幅1695mm

の5ナンバーサイズボディに

3列シートを詰め込んで8人乗り
を成立させているフリード。

サードシートはゆったりでは
ないですが、

窮屈でもなく、

上手いぐあいに
ちょうどいいサイズに
収まっていますね。

2011年にマイナーチェンジで
サードシートを2人乗りと
したことで、

8人乗り仕様はなくなりましたが、

その分サードシートの居住性は
高まりました。

フリードも2008年にデビューし、
今年で6年目。

そろそろモデルチェンジの時期に
入ってきます。

5ナンバーサイズの3列シート車
という基本のパッケージは変更なく、

ボディサイズも現行型のサイズ感に
高い評価をされていることがあり、

全長は若干延長されるんじゃ?
とみられています。

ここから大型化ということは
ないでしょう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

パワートレインはフィットに
搭載されている1.5Lハイブリッド
i-DCDがメインとなり、

2016年の秋には、直3、1.0Lターボ
エンジン搭載のモデルが
追加されるかも!?と
言われています。

ホンダは他がハイブリッド化
してきている中で、

ターボ化していく車種が
多くなっていますね。

ステップワゴンの新型
ダウンサイジング1.5Lターボ
にする予定ですし。

2015年、ホンダは
F1に舞い戻ってくることが
決まっていますが、

その関係もありそうですね。

新型フリード スペック予想

全長:4250mm
全幅:1695mm
全高:1720mm
ホイールベース:2750mm
エンジン:直4DOHC 1496㏄+モーター
最高出力:110ps/6000rpm
最大トルク:13.7kgm/5000rpm
ミッション:7速DCT
JC08モード燃費:32.0km/L
価格:220万円~
発売時期:2016年秋ごろ?

 

>>>ホンダ 新型ステップワゴンも1.5ターボ搭載!

スポンサーリンク
スポンサーリンク