新型フルモデルチェンジする新型アルファードの全貌

pixel69

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

トヨタ自動車の製造販売する
現行のアルファードは、2008年に

発売すると現在までの6年間続く
モデルの人気ミニバンであり、

2015年春までに次期新型モデル
発表する計画です。

次期アルファードは、
ガソリンエンジン2グレードに、
ハイブリッドモデルも設定される
予定で、

ガソリン車は2.5L3.5Lの各グレード
でハイブリッドは2.5L+モーター
となる予定で、

公道での実走がガソリン車で
9キロ/1Lで、

ハイブリッドモデルが14キロ/1L位
なると言われています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

現行モデル同様で、
キャビンは広い空間として確保され、

全長が長くなるという可能性が高いです。

全体的なフォルムは大幅には
変わっていないようですが、

フロントのグリルデザイン
ヘッドライトの形状に若干の変更がされます。

現在ミニバンの人気が高い中で、
トヨタのアルファードと

日産エルグランドはともに
大型ミニバンのフラッグシップであり、

ライバル車でもありますが、
フルモデルチェンジで新型アルファード
の発売を皮切りに一気にミニバン人気を

加速させる目論見もあります。

新型アルファードの価格設定が
現在より高くなるため、

消費増税前の販売で駆け込み需要を狙う
考えもあるとのことです。

 

駆け込み需要前に
愛車の査定が気になったら、
>>>楽天の愛車一括査定!

>>>アルファード関連記事はこちらへ!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク