三菱自動車 2020年までの計画について

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

◆三菱自動車 今後の動向について

 

2016年2月3日三菱自動車は
2015年度第3四半期の決算発表
を行い、

2015年4月1日から12月31日の
売り上げ高は前年同期比、

5%増の1兆6620億円、

営業利益は同じく1%増の
1020億円になったこと
などを報告した。

注目すべきはその席上で
相川社長みずから、

2017年度から2020年度までに
14台の新型車を投入することを
明らかにしたということ。

→ 三菱の新車をお得に買い替える方法を伝授!

その具体的な中身については、

・アウトランダー
・新小型SUV
・RVR
・アウトランダーPHEV
・新小型SUV PHEV
・RVR-EV
・軽自動車EV
・デリカD:5
・小型MPV
・ミラージュ
・アトラージュ
・ekワゴン
・ekスペース
・コルトL300

の14車種である。

大きな柱はかねて
宣言していた通り、

SUVと電気自動車に開発を
集中されることだが、

一歩踏み込んで
中、小型SUVと電動車の開発に
集中するとした。

その柱となる項目は次の通りである。

1、

ランサーは自社開発をやめて
ランサー・エボリューションも開発せず。

2、

パジェロは当分フルモデルチェンジ
を凍結し、
パジェロスポーツの次期モデルと
開発のタイミングを合わせて検討。

3、

デリカD:5は開発中で2017年
に新型を投入する。

4、

アウトランダーと
アウトランダーPHEVは2018年に
新型を投入する。

5、

アウトランダーとRVRの中間
に新型SUVを2017年度に投入。

6、

インドネシアの向上で
コンパクトなMPV型SUVを
2017年度に生産、発売。

日本にも導入を検討中。

7、

RVRは当初の予定をスライドし、
2019年度に投入。

8、

i-MiEVに変わるワゴンタイプの
EVを投入予定。

となる。

2020年までの商品計画を
洗いざらい発表したかたちとなった。

ここまで商品計画を率直に発表
した会見は、
いままでにないものだろう。

相川社長らしい三菱ファンへの
率直な回答ということなのだろう
と思われる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

◆アウトランダーとRVRに次ぐSUVの存在

 

この度の会見で最も注目
されたのが、

新型SUVを2017年度に投入
すると発表したことである。

このSUVはアウトランダーと
RVRの中間サイズといい、

欧州での販売を考えると
Cセグメントとなるはず。

排気量は1.8L~2.0Lとなり、

ディーゼルも当然あることだろう。

ドイツ車ではゴルフ、

国産車ではアクセラといった
モデルがこのセグメントに入る。

さらに相川社長は基準車の他に、

前後ツインモーター4WDの
PHEVをその後1年以内に
発売したいと話した。

アウトランダーPHEVは、
動力性能、経済性、
走行安定性ともに世界トップ
クラスのPHEVだが、

やや大きいという声がある
のも事実。

サイズが小さくなるということは、

パワートレイン自体がコンパクト
にできるということになり、

エンジンは経済性を考えた
アウトランダーPHEVの
2Lに比べ、ダウンサイズされた
新開発の3気筒1.1L MIVECかと
噂されている。

これは2013年の東京モーターショー
に出展されたXR-PHEVで提案
されたものだ。

新型PHEVはエンジンをほぼ
発電機として使うとすれば

3気筒1.1L MIVECでも
不足はないはず。

ただし、

SUVらしい力強い走りを
手に入れるならMIVECターボ
という選択肢もありだろう。

ツインモーター4WDシステム
事態はアウトランダーPHEV
で完成しているので、

モーター出力と駆動用バッテリー
は小さなものになるはず。

→ 三菱の新車をお得に買い替える方法を伝授!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク