次期シビック ハイブリッドに期待すること

1

ホンダは10代目となる
シビックハッチバックの
プロトタイプを世界初公開。

日本ではタイプR以外
売られていないシビックであるが、

今も昔もホンダの象徴である。

これまで広州と北米は
それぞれ別のプラットフォーム
を使ったモデルが投入
されてきたが、

この10代目からは、
欧州、北米共通のモデルを
発売する。

→ シビックをお得に買い替える方法を伝授!

北米ではすでに
セダンとクーペが売られており、

この5ドアハッチバックは
新たに追加される第3のボディ
ということだろう。

今回公開されたのは
欧州向けのモデルで、

エンジンは新開発の3気筒、
1L直噴VTECターボと、

4気筒1.6Li-DTECディーゼルターボ
を搭載するという発表がされた。

最近のトレンドに則った、
アグレッシブなデザインと
なっており、

現行モデルに対して
全長を130mm

全幅を30mm拡大し、
全高を20mm下げている。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

今回は正式なボディサイズは
公開されていないが、

全長4500mm
全幅1800mm
全高1450mmあたりだろうと
推測される。

ホイールベースは北米仕様
のセダンは2700mmであるが、

このハッチバックも
それと同じとなるみたいだ。

現在、

日本のシビックは
TypeRのみとなっており、

それももう完売している。

カタログモデルとしては
8代目が2010年に国内での
生産を終了してから6年間
シビックはラインナップしていない。

しかし、

八郷社長はこの10代目を日本
にも導入することを発表。

セダンかハッチバックは
まだ未定であるが、

2年以内には日本でシビックが
完全復活することになる。

→ シビックをお得に買い替える方法を伝授!

スポンサーリンク
スポンサーリンク