トヨタとレクサス その違いとは?

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

◆レクサスが伸びた理由

 

レクサス車の売れ行きが増えた
一番の理由は、

取扱車種の増加である。

2009年にct200h、
2011年にはHS250hと日本に
適したハイブリッド車を発表した。

なので近年のレクサス車の売れ行きは、

前述の車種を投入する前の2倍
に達する。

直近では2013年にISを刷新、

2014年にはNXとRCを追加し、

2015年にはLXを追加して
RXをリニューアルさせた。

RCやLXの販売台数は少ないが、

レクサス全体でも1年間に5万台
以下の規模であるから

台数の上乗せ効果は大きい。

→ レクサス・トヨタ車をお得に買い替える方法を伝授!

メルセデスベンツCクラス、
BMW3シリーズなどの人気上昇もある。

競合する日本車のISにも
目が向くというものだろう。

軽自動車では新型車が登場すると
ライバル車の売れ行きが下がるが、

もともと台数の少ないセダンでは
相乗効果で競合車も伸びる
場合がある。

国内改行から10年以上を経て、

ブランドが定着したことも要因だろう。

高価格車は間違いない買い方を
したいので、

認知度が低いと購入されにくいが、

最近はこの心理的な障壁が
解消されたのだろう。

 

◆商品力も向上

商品力の向上も見逃せない。

2012年に登場した現行GSから
スピンドルグリルが採用されて

レクサスらしさを強めた。

メルセデスベンツやBMWを
追いかける日本車という
イメージを払拭している。

乗り心地も現行型GSやISは
先代型よりも重工になり、

操舵感も正確になったから
短時間の試乗でも良さがわかる。

トヨタブランド車の動向も
影響している。

セダンはクラウンには力を
入れるが、

マークXにはハイブリッドがなく

プレミオ&アリオンは設計が古い。

SUVもRAV4が古く、
売れ筋はハリアーだけで価格は高い。

となればレクサスのセダンや
SUVを選ぶユーザーが増える。

開業当初に比べて
レクサス店の接客態度が変わった
こともプラスの要因であろう。

開業当初はトヨタの指導もあって
言葉使いなどを丁重にしたが、

これが行き過ぎて
『レクサスは敷居が高く慇懃無礼』
という批判が生じた。

この接客態度を販売店側が改め、

自然な雰囲気になったことも
販売増加につながっている。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

◆トヨタブランドとの違い

 

あるトヨタブランド車の
関係者は、

レクサスの開発を羨ましく感じる。

開発工程が多く、車両のコストも
高めやすい

というのだ。

プラットフォームの基本部分は
共通であるが、

レクサスのGSやISとクラウンでは、

リアサスペンションの構造
が違ったりする。

クラウンはスプリングと
ショックアブソーバが一体
配置であるが、

レクサスは別体である。

ISの開発社は

この足回りのために全幅が
1800mmに収まらず1810mm
になった。

とレクサスの苦労も語るが、

上質な車両を開発しやすい
環境が整っているといえるだろう。

このような事情もあり、
レクサス車は走行安定性や
乗り心地から内装、塗装まで、

様々な品質がトヨタ車を上回る。

その代わり価格も高いが、
レクサス車の上級装備や
無料付帯されるメンテナンス
プログラムを価格換算して
条件を合わせると、

トヨタ車との実質価格差は
30万~50万円程度なのである。

レクサス車の乗り心地や
質感に魅力を感じるなら
割りやすいといえるだろう。

販売店の対応は、
フレンドリーなトヨタブランド
に好感をもつ人も多い。

カタログを貰う時、

トヨタ系列は即座に手渡し
されるが、

レクサスは3分程度は待たされる。

その代わりレクサスは商談も
穏やかで、

個室感のあるスペースで革張りの
椅子に座って話をする。

出されるコーヒーのカップ、

見積書の紙も上質なものだ。

発売後10年近くを経過したLS
でも値引きゼロを貫く半面、

こういった部分にはコストを
費やしている。

→ レクサス・トヨタ車をお得に買い替える方法を伝授!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク