トヨタ86 マイナーチェンジ 評価 レビュー ついに来た!変更点はどこ?

1

5年目に入ったトヨタ86
初めてビッグマイナーチェンジをする。

これまでも足回りの変更や
ボディ剛性の向上など、

マニアックな改良は続けてきたが、

エクステリアに手を入れるのは
今回が初めて。

その内容については、

エクステリアで大きく変わる
のはフロント周辺で、

バンパー下のラジエターグリル
が拡大され、

うねりを感じさせるデザインとなる。

→ トヨタ86を50万円以上もお得に買い替える方法を伝授!

同時にその左右にある
エアインテークの形状も
変わるなど、

ひと目で新しさがわかる
デザインとなる。

一方、

リア周辺はコンビランプの
構成が変わる程度。

現行型は内側が赤、
外側がシルバーとなっているが、

それが逆の組み合わせになる。

形状は同じだが、
ランプの輪郭を赤で囲むという
イメージだ。

また、

インテリアも手が加えられる
との情報も入っているが、

まだ詳細は不明。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

もちろん、

エンジン、サスペンションにも
手が入る。

フラット4、
2Lエンジンはパワーが
5ps上がって205psとなるほか、

6速MTのギア比も
ローギアード化されて、

加速性能が向上する。

よりレスポンスのいい走りを
実現するとともに、

吸排気系の効率アップで
燃費も向上させる。

サスペンションもより最適な
セッティングが施され、

乗り心地を含めた走りの
クオリティがアップするのは
間違いないだろう。

その方向性は試乗して
確かめるのが早いが、

より上級クラスの乗り味を
目指すことになりそうだ。

その他、
自動ブレーキを始めとする
先進安全装備の採用も
間違いなさそう。

デビューは6月頃と予想され、

装備の充実により価格は
10万~20万円程度上がることに
なりそうだ。

→ トヨタ86を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク