スイフトスポーツ カスタム タイヤパーツ 評価・レビュー!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

◆スイフトスポーツカスタム パーツ

 

カスタムがよく似合う車として、
スイフトスポーツがあります。

そのパーツは多種多様に販売されています。

外装のカスタムに関するパーツとして、
忘れてはならないのがエアロです。

デザインの好みは人それぞれですが、
スイフトスポーツにしっくりと
馴染む秀逸なデザインの
エアロがあります。

次に足回りのドレスアップ
としておすすめするのは
アルミホイールです。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新車を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

エアロと純正のアルミホイールを
組み合わせると、

せっかくのエアロが台無しに
なってしまうため、

エアロとアルミホイールを
一緒に組む人が多くなっています。

サスペンションを
ローダウン仕様のものに交換する、
というカスタムもあります。

ローダウンによって車高を落とせば、
よりシャープで
地を這うような迫力のスタイルを
実現できます。

エアロとアルミホイールと
ローダウンで、

かなりスタイリッシュなボディに
仕上がります。

ただしローダウンの際に
地面すれすれまで車高を
落としてしまうと、

車検で引っかかってしまいますので
注意してください。

マフラー交換は
吸排気系カスタムの
定番であり、

ここまですれば車のレベルが
より一層上がります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆スイフトスポーツタイヤ サイズ

 

自動車メーカーのスズキが開発、
販売をしているスイフトは、

世界累計販売台数400万台を
超えるハッチバックタイプの
自動車です。

スイフトスポーツは
スイフトの一部改良型で、

85馬力の1500ccエンジンを
新しく搭載し2003年に販売されました。

2011年にモデルチェンジされた
3代目が発表され、

同年に新モデルとして
販売されました。

スイフトスポーツの特徴として、

タイヤのサイズがあげられます。

タイヤ幅が215mm、
偏平率45、
リム径17のサイズを

標準装備としている自動車が
多いなか、

スイフトスポーツは
タイヤ幅195mm、
偏平率45、
リム径17となっています。

これは軽量化とより操縦性、
安定性に重きをおいた
設計における結果で、

徹底したバネ下重量の軽減が
なされています。

専用のサイズということもあり、
スイフトスポーツ発売当初は、

タイヤ交換に難があると
いわれていました。

しかし現在は多くの会社から
スイフトスポーツ向けのタイヤが
発売されています。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新車を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク