ベンツ BMW アウディ ドイツプレミアム御三家エントリーモデル 評価 レビュー!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

◆ドイツプレミアム

”あえて”選ぶ価値がある
ドイツ御三家のエントリーモデル

新型プリウスの価格は、
下限は242万円台から設定が
あるのに対して、

上の方は結構高くて、
4WDの一番上級モデルでは
約340万円近くにもなる。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ ドイツプレミアムモデルを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

その金額を出すのなら、
もっと魅力的な選択肢も
あるんじゃないのでしょうか!?

と思って調べてみると、

なんとドイツのプレミアム御三家
のエントリーモデルがまさしく
その価格帯なのです。

例えば、

メルセデスベンツ。

Aクラスなら296万円から、
Bクラスなら313万円から選べる。

エントリーモデルでも前から
見ると立派にメルセデスベンツ顔。

実際にも好調に売れている模様。

あるいはBMW。

1シリーズは298万円からという設定。

いまやこのクラスでは
貴重な後輪駆動というのも魅力。

さらにはアウディ。

エントリーのA1はもとより、

CセグメントのA3スポーツバック
303万円~

やA3セダン(321万円~)も視野に
入ってくる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

むろん御三家では下の方の
モデルたちなので、

いろんなオプションを付けることに
なるだろうが、

十分に射程範囲内といえるだろう。

燃費はプリウスの圧勝だけど、

ダウンサイジングターボを積む
彼らも低燃費であることには
違いない。

新型プリウスは走りもずいぶん
良くなったが、

御三家は小さくてもさすがはドイツ車。

各社の考え方が如実に反映されていて
あえて選ぶ価値を感じさせる”何か”
をそれぞれが持っている。

ブランド力と個性に勝る御三家の
エントリーモデルに目を向けて
見るのも悪くないだろう。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ ドイツプレミアムモデルを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク