ホンダ新型シビックセダン 価格レポート 評価 レビュー!

1

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆新型で劇的改革

 

北米のホンダ、

特にシビックが若者の
憧れであった時代は過去の話となった。

現在、シビックのオーナーは
オジサマかオバサマ。

もちろん若返りが必要なことは
分かっているが、

まったく売れなかったわけではない。

旗艦モデルゆえになかなか
改革ができなかったということも
あるのかもしれない。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型シビックを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

しかし、

その時はようやくやってきた。

北米・カー・オブ・ザ・イヤー

を獲得したUSシビックセダン
のステアリングホイールを
握って数キロ走ってみると

そう確信するだろう。

ややビジーなところは
あるものの、

ホンダのアイデンティティを
感じさせるエクステリアデザイン、

視認性と操作性に優れた
コックピットは、

口うるさいヨーロッパのユーザー
も納得させる質感を持っている。

スリーサイズは、

全長:4630mm
全幅:1790mm
全高:1415mm

ホイールベースは2700mmである。

Cセグメントとしては最も長い。

1.5L VTECターボを搭載し
モデルで

最高出力は174ps、
最大トルクは220NM(22.4kgm)
を発生する。

いわゆるダウンサイジングターボ
という燃費低減のための
常套手段なのである。

組み合わされるトランスミッションはCVTだ。

新しいプラットフォームの
採用によって全長とホイールベース
がそれぞれ長くなったわりに30kgほど
軽量化されたボディ、

わずかなスロットルワークでも
軽々と気持ちよく引っ張っていく。

だらだら走る道ではぴったりである。

さらに驚くことは
車線変更時の敏捷性と安心感。

100㎞/h超の速度域でも、

わずかなステアリング操作で
不安なくスパッと車線移動が可能。

これは全長が長くなって
空力特性が向上したことに
起因していると思われる。

新たにリアにマルチリンクを
得た新型シビックは、

スピードを増していっても
決して接地性を失わず、

使いフルされた表現だが、

水を得た魚のように
コーナーをトレースしていく。

それを助けているのが
ゲインが確かで路面からの
フィードバックを十分に伝えてくれる

EPAS
(電動パワー・アシスト・ステアリング)

なのである。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆価格は220万円から・・・?

 

シビックのダイナミックフォース
は覚醒した。

この10代目シビックは北米で
絶好調であり、

前年比では販売台数が
1月が43%増、

2月も32%増と快進撃を続けている。

ところで、

2016年2月に行われた会見で、

八郷社長がこのシビックを
日本へ輸入する可能性について
言及した。

これは間違いなく、

このクルマの久々の
ダイナミックパフォーマンスに
ポテンシャルがあることを踏まえて
の発言だろう。

果たして

日本のユーザーがこうした
クルマ本来の姿、

愉しさに目を向けてくれるかが
問題だが、

ホンダのDNAを目覚めさせる
にはいいチャンスかもしれない。

日本へはどんな車種がくるのか?

いったいどれくらいの価格なのか?

まだ推測の域はでないが
CVTを搭載した1.5Lターボ搭載
モデルになるとみられる。

価格は北米で税込で2万ドル
(約210万円~)

だから日本では220万~230万円
くらいからの値段と考えられるだろう。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型シビックを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク