マツダ 新車スクープ 新型RXー9はGT参戦で大きくアピールか!?価格予想

◆発売前に参戦か!?

 

今なお謎に包まれているRX-7の
後継車であるRX-9.

2019年秋に正式発表されるのは
まず間違いないだろうといいながら、

新たな情報によれば、

その前年2018年から
スーパーGTに特例車両として
参戦するというが・・・。

実現すれば、

まさにティザーキャンペーンである。

この手法はかつて、

トヨタ2000GTが使い、

大きな反響を読んだ歴史的事実
があるだけに、

マツダとしても満を持して
ロータリーエンジン復活にあたり、

絶対に大きなインパクトが
欲しいところだろう。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型RXー9を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

となれば、

軽量、
コンパクト、
高性能というロータリーの

ハイパフォーマンス性を
的確にアピールできる舞台は、

サーキットレースを置いてほかにない。

過去マツダには、

ロータリー搭載車第一号となった
コスモスポーツを、

ニュルブルクリンク84時間に投入し、

初レースながら、

入賞を果たした世界の注視を
集めた実績がある。

それになんと言っても
ル・マン24時間を制したエンジンだ。

RX-9の市販化は、

今のところマツダ創業100周年にあたる、

2020年とみられている。

 

◆価格

 

ネーミングからもわかる通り、
7,8の後継車種にあたるが、

ロータリーの本質は
スポーツ性にあると判断し、

グランドツアラーではなく
スポーツカー路線を選んでいる。

気になるのは、

2015年の東京モーターショーで
見せたRXビジョンだが、

あれはあくまでコンセプトカー。

RX-9は機能性を凝縮した
スポーツカー・パッケージングに
なることが確実視されている。

競合車種として

ポルシェ・ケイマン718ボクスター、

アルファロメオ4Cを設定。

ということは800万円前後
価格ゾーンになりそうで、

アウディTTの上級グレードも
守備範囲に入ってくる。

エンジンは800cc×2ロータリーターボ
で400ps級を狙う。

FRレイアウトでトランスアクスル
方式を採用するため、

必然的にプラットフォームは
新規開発となる。

ボディサイズはRX-7級になるだろう。

市販化に向けたシナリオは、

まず2017年の東京モーターショー
で量産モデルに近い
コンセプトカーをお披露目。

そして2018年、

あるいは2019年にレース投入。

市販モデルへのイメージフィード
バックを最重視するはずだろうから、

市販車ベースのGT3規格が
最有力候補である。

カタチだけをイメージし、

中身はプロトタイプのGT500
という手もあるだろうが、

リスクが大きすぎるため、

これはないと考えられる。

ただ、GT3規格の公認を
得るためには量産車が必要なため、

市販前のモデルでこれは無理。

GT3規格に沿った車両として、

GT300クラスに参戦する
戦略が現実的な選択になる。

レースで成功すれば、

直後に控えた市販化で有形無形の
大きな効果が期待できる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆CX-4の登場時期は?

 

すでに北京モーターショーで
一般公開されているCX-4.

コンセプトカー越(コエル)の
量産車がCX-4だ。

全長4633mm
全幅1840mm
全高1535mmのサイズで、

CX-5よりは93mm長く、
170mm短い。

ホイールベースは
CX-5と同じ2700mmで、

搭載エンジンは2Lと2.5Lの
スカイアクティブ-G。

マツダとしては
初めての中国生産車であり現地では
6月に発売する予定。

日本でも生産・販売が開始されるが、
こちらは2016年度末、

もしくは2017年度春くらいになる見込みだ。

 

◆3列シートのCX-7.

 

2012年2月に国内発売された
現行CX-5は、

マツダ第6世代商品群の頭出し
となったモデルである。

マツダ復活のきっかけを作った
クルマでもある。

そのCX-5がフルモデルチェンジ
をして第7世代となるが、

そのコンセプトモデルが
2016年11月のLAオートショー
に早くも出品される可能性が高まってきた。

魂動デザインはさらに進化して
よりアクティブな内外装が採用されるが、

注目はいよいよHCCI
(圧縮自己着火エンジン)が搭載されること。

超リーンバーンの均一燃焼で
燃費改善と排ガスのクリーン化を
図る究極のガソリンエンジンだ。

なお次期CX-5には3列シート車も存在。

こちらはCX-7として発売される可能性が高い。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型RXー9を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク