新型スイフト 2016 ジュネーブショーで世界初公開!大本命の中身。

3

≪スポンサーリンク≫


来年のジュネーブショーで
世界初公開を予定している
次期スイフト。

エクステリアは、
現行スイフトは完全は
キープコンセプトであったが、

次期モデルはスイフトのイメージを
残しながらも、

フロントマスクなどは
最新のスズキのトレンドを盛り込み、

よりスポーティなイメージへシフトする。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型スイフトを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

リヤまわりは
フローティングルーフのような
処理が特徴で、

ハッチバックというより
クーペのように低くなっており、

キャビンスペースもかなり
小さく見える。

リアドアもトヨタCHRや
ホンダヴェゼルのように

ドアノブを見せないデザインと
なっているのも特徴である。

ネットにはインテリア画像も
流出しており、

操作系のレイアウトは
大きく変わっていないが、

コンサバで面白味に欠ける
現行モデルに対し、

ラテン系を思わせるような
デザインに仕上がっているのがわかる。

走りの部分は、

すでに登場したバレーノが採用する
Bセグメント用のプラットフォームを
が用いられる。

 

≪スポンサーリンク≫

 

バレーノは3ナンバーボディで
910/915kgを実現していることを考えると、

次期スイフトは800kg台であることは間違いない。

パワートレインは、

バレーノ同様にメインは
3気筒1L直噴ターボで

廉価盤に4気筒の1.2LのNAと
いうのが濃厚だろう。

ちなみにスイフトスポーツは
1.4L直噴ターボ

『ブースタージェット』を搭載。

トランスミッションは
6速MTと6速ATが用意されるはずだ。

ネットにはスクープ画像が
流出しているのだが、

あるスズキの関係者は、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は我々もまだみたことがないので
事実なのかわからない

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

といいながらも、

バレーノは走りのポテンシャルが
非常に高いのに、

ファミリー的な大人しいキャラクター
が与えられているのは、

スポーティを全面にアピールする

”あいつ”が控えているからだ、

ということも言われているらしい。

スズキの新世代小型車シリーズ
のトリを飾る、

”大本命”の次期スイフト、

正式発表が楽しみだぜ!?

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型スイフトを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク