新車値引き情報 2016 購入時考えておくこと 値引き

3

◆新車購入時に考えておくこと

 

新車の購入を考える時に、

いかにお値打ちに購入するかが
重要となります。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型車を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

最近では、

どの自動車メーカーも
ブランド力を強化する狙いから、

技術力向上とブランドネームや
デザインの統一が行われています。

日本国内市場の売り上げが
伸び悩む一方で、

北米やヨーロッパ、

東南アジアの市場拡大が見られ、

そう上でもブランド力強化が
進められています。

ブランド力強化を進める
メーカーは近年、販売でも強気の姿勢で、

値引き額は低く、

とくに、新型車種の
値引きはほとんどないと言っても
過言ではありません。

 

◆インターネット値引き情報

インターネットで掲載されている
値引き情報では、

多少高めの値引き価格が
書かれていますが、

販売店がメーカー直営であればともかく、

販売会社が地域ごとに異なる
企業のケースが多く、

ディーラー自体も卸売り業者であり、

それほど低い仕入れ価格ではないため、

ネット情報よりも値引きが
低いケースがあります。

さらに、

値引き額が高いケースを見てみると、

オプションを多くカスタマイズした
購入ケースが多く、

オプショナリ―パーツはメーカー、

ディーラーともに市販品よりも
高く設定されているため、

ディーラーとしては値引きに

対応しやすいという点があります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆オプショナリーパーツ

 

オプショナリ―パーツの
値引き対応は20%から多いケースで
30%可能でしょうが、

ただしこれは、

その価格で販売しても利益
が出るから値引きしているだけで、

本体価格が上がることで
目販売店メリットが出ます。

となると、

オプション設定の値引きは
あまり意味がないと考えられます。

結論から言えば、

オプションカスタマイズした車両の
総額からいかに引いてくれるかであり、

他社での競合車種の見積りを取り、

価格の比較をしましょう。

近年では、

見積もり比較に対応すべく、
タブレットなどで見積額を見せるも、

プリントアウトしないケースが多いので、

重要な部分を筆記しておくことが
良いでしょう。

ETCやアクセサリー類は契約の
切り札としてサービスしてもらうよう
に交渉を進めると良いです。

ディーラーは月末までの契約を急ぐため、

焦らず地道な交渉を試みると良いです。

追い金を少なくするために、

下取りに出す車があれば、

下取り額を上げる交渉もすることが重要です。

一般にディーラーでの下取りは
低い傾向が見られるため、

他の買取店にも見積もりを依頼し、

ディーラーと比較して下取り交渉を進めます。

買取額が上がることで、

追い金が少なく済みますので、
よりお得なお買い物となるはずです。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ 新型車を50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク