キャラバン 日産 値引き 2016交渉術

2

キャラバン 値引きをするのであれば
基本的な交渉術として、

トヨタのハイエースとの
比較をすることから始まります。

まともな競合となる車は
ハイエースぐらいしか
ありませんから必然的に、

キャラバンにするか

ハイエースにするかという問題となってきます。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ キャラバンを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

一般的な人気に関しては
ハイエースの方が多いので、

ハイエースの見積もりをとっても
それを材料にキャラバンの

大幅な値引きを引き出すというのは
簡単なものではありません。

そこで、

キャラバンを購入する際の
交渉術としては気持ちとしては

ハイエースに傾いているけれども、

金銭的な面でキャラバンに
しようか迷っているので大きな

アドバンテージがあればキャラバンを

購入したいという姿勢を
見せることで値引きを引き出しやすくなります。

現行では総合的な性能では
キャラバンが上回っていますが、

依然として信頼性と

リセールバリューの面などで
ハイエースは強いものとなっていますから、

その差を埋めるためには値引きで
頑張って欲しいということを

ディーラーに伝えるのです。

ハイエースは日産の強力なら
ライバルですから、

絶対に負けたくないという
気持ちがあるためどちらにするか
悩んでいるという素振りを

見せることで安くしてもらいやすくなるのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

そして、

もう一つ効果的なのは
あらかじめこの金額になれば
購入をするというラインを決めておき、

そこまで下げてくれたら購入をすると
最初から明言するのも効果的です。

商用仕様の車ですから、

一見すると無茶なような金額でも
通ったりすることがありますから

思い切って50万円引いてくれれば

購入をすると断言してみるのも良いでしょう。

50万円ともなれば簡単に相手も
了承してはくれませんが、

まったくの現実的ではない数字と
いうこともありませんから

それに近い金額を引き出すことが
できるばかりか、

タイミングによってはすんなり
通ることも考えられます。

この方法を使うときに大事なことは

必ず買うという約束のもとで

値引きをしてもらうわけですから

引いてくれるとなった後に、

更に値引きをしてもらおうという
交渉は避けるようにしましょう。

あまりに欲張り過ぎると
話がなかったことになってしまって、

せっかく大きな値引きを
してもらうことができそうだったのに
チャンスを失ってしまう恐れもあるためです。

また、

後からオプションを追加すると
なっても交渉が白紙になってしまって、

最初からやり直すことに
なってしまうこともあるため注意が必要です。

→ 新車情報 もくじ一覧はこちら

→ キャラバンを50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク