新型アクセラ値引き情報 2016 交渉術

2

◆アクセラ 値引き交渉術

マツダの値引き アクセラは、

それほど大きいものとはいえません。

以前まではマツダは値引きも
良くて購入しやすいのが魅力でしたが、

最近のマツダは調子がよく
大幅な値引きをしなくても購入を
してくれる客が増えてきたことで

積極的な値引きが減ってきているのです。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 新型アクセラをさらに50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

マツダの車は日本車らしからぬ
スタイリッシュな外観のものが多く、

日本車離れした車が欲しいという人が
購入をするので

大幅な値引きをしなくても

売れるようになってきたためです。

それだけに交渉術による値引きは
大きなものとなっていますから、

しっかり交渉術を身に着けて
商談に挑むようにしましょう。

基本となるのはライバルとなる
車の見積もりを持って、

価格競争をさせることにあります。

たとえアクセラしか買うつもりは
ないと思っていても、

それだけでは値引きが
期待できなくなってしまいますので
他の車種とも迷って

アクセラも検討しているという
ぐらいの姿勢がちょうどいいのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆ディーラーの提示

ディーラーというのは
買う気もない相手に大幅な
値引きを提示することはありませんが、

それと同様に絶対買ってくれる
という相手にも値引きが

渋くなってしまいます。

どうしてもアクセラが欲しくて
購入する気持ちが固まっている人相手に、

わざわざ安く売る必要も

ありませんからあまりに購入の意思を
見せすぎても安くはならないのです。

その一方で複数の候補があって
気持ちはアクセラに傾いているけれども、

金額の面で決めかねているという
状況であれば安くすれば

買ってもらえると相手側が考えますから
多少の値引きもしやすくなると
いうことになります。

 

◆素直に契約をするということ

もちろん、

ディーラー側としても

そのようなやり方は承知の上ですが
値引きをするにしても理由
というのが入りますから、

ただ安くしろというよりも

このような明確な理由があったほうが
交渉はしやすいのです。

そのため、

この方法を取るときに
大事なことは自分なりに満足の
行く金額に達した時にはそれ以上粘らずに、

素直に契約をするということです。

あまりに粘りすぎると

購入する気がない客だと思われてしまって、

相手の方から商談を

降りてしまうということもあるので

ここまできたら購入をするという

ラインを決めておくのは必要です。

ディーラーも車が売れるのは
大事なことですが、

赤字になってまで売りたいものでは
ありませんしそうでなかったとしても、

勝利的に面倒になりそうな
相手には安く売ろうという気も
なくなってしまいますから互いの

信頼を重視した交渉も重要となるのです。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 新型アクセラをさらに50万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク