スズキ 軽自動車 一覧 新車情報 次期ワゴンR スイフト スイフトスポーツ スペック

3

≪スポンサーリンク≫


◆新型ワゴンR

現行型の登場は2012年9月、

それから4年のライフサイクル
を迎える2016年、

スズキの主力の軽自動車、

ワゴンRがついに
フルモデルチェンジをする。

6代目となる次期型ワゴンRは、

これまでのコンセプトを踏襲。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 次期ワゴンRをさらに65万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

当然ながらボディサイズも
ハイトワゴンになるわけだが、

外観デザインについては
現時点では確定的な情報は
でてきていない。

内容的には
キープコンセプトだが、

デザインは現行型アルトのように
思い切って変更をすることも
十分にあり得る。

そのデザインも気になるのだが、

次期型で最も注目されるのは
やはり”燃費”だろう。

次期ワゴンRは現行型アルトから
使用されたプラットフォームを採用。

この軽量なプラットフォームに加えて、

各部の徹底した軽量化によって、

重量は現行型の790kg(FF)から
700kg程度まで軽くなる模様。

そして、

燃費向上の一番のポイントと
なるのが、

モーターアシスト機能
『S-エネチャージ』のさらなる進化。

ワゴンRは現行型でも

すでに軽のハイトワゴンタイプでは
ナンバーワンの

JC08モード燃費33.0㎞/L
燃費性能を実現しているが、

次期型では35.0㎞/L以上が
最低限の目標になるはず。

アルトとよりも車重のある
ワゴンRは、

Sーエネチャージの効果がより
発揮しやすく、

燃費への影響が大きいという。

とはいえ、

燃費だけが次期型の武器でない。

先進安全装備搭載車を
ラインナップするのはもちろん、

走りやすいさから使い勝手のよさまで、

ワゴンRが継承している実用性の
高さもより一層レベルアップする。

デビューは2016年9月と予想。

◆新型スイフト

スズキは2016年3月に
新型コンパクトハッチのバレーノ
を発売したが、

小型車の主力モデルである
スイフトも2016年フルモデルチェンジ
の予定だ。

バレーノよりもやや小さい
ボディサイズのコンパクトハッチ

のいう位置づけは現行モデル
と変わらないが、

次期スイフトは新しい軽量な
プラットフォームに一新され、

加えて新しいパワーユニットを採用
するのがポイント。

そのパワーユニットは
イグニスなどと同じ

1.2Lマイルドハイブリッドが
メインとなるが、

バレーノと同じ1L3気筒ターボ
も設定される可能性は高い。

1Lターボは
111ps/16.3kgmを発揮。

力強いターボと新型ボディによる

その走りに注目だ。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆新型スイフトスポーツ

スイフトのフルモデルチェンジ
の半年後には、

そのスポーツモデルである
次期スイフトスポーツもデビューする。

その次期型、

最大の注目はパワートレイン。

現行型と同じ1.6LのM16型エンジン
を145psにまでパワーアップした
改良型を搭載するという情報もあるが、

海外版エスクードのビターラに
採用されている1.4L直4ターボ
が設定される可能性も高い。

1.4Lターボは専用チューン
で150psまでパワーアップが図られ、

トランスミッションは6速MT、

それに6速ATも用意される。

さらに、

新型プラットフォームを採用
する次期スイフトがベースと
なるため、

車重は900kg台まで軽量化が
図られる見込み。

パワフルなエンジンと
軽量ボディで、

走りはかなり期待できそうだ。

◆主要スペック

・新型ワゴンR

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1660mm
ホイールベース:2450mm
パワーユニット:直3DOHC658㏄+モーター
最高出力:52ps/6000rpm
最大トルク:6.6kgm/4000rpm
トランスミッション:CVT
JC08モード燃費:35.0㎞/L
価格:140-155万円

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 新型スイフトをさらに65万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク

スポンサーリンク