ヴォクシーハイブリッド 値引き 相場 2016 交渉術

2

こちらの記事に書かれている内容は・・・

◆常に高い人気

フルモデルチェンジを
行ってから3年たった今でも、

床の底面が低い設計になっていて

乗る側にとって上り下りが楽にでき、

3列目のシートもレバー一つで
スムーズに折りたたみが出来て、

安定した走行機能などをとっても
利便性が高く、

安定した定評の支持を
得ているのがトヨタの

「ヴォクシーハイブリッド」です。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 新型ヴォクシーハイブリッドをさらに65万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

そんな人気の
ヴォクシーハイブリッドを
購入する際に、

少しでもお得に購入できる
交渉術をまとめましたので
ご紹介したいと思います。

 

◆営業トークでの交渉限度

まず初めに知っておきたいのが
営業マンもこれを見込んで

営業トークに盛り込んでくる
値引き交渉限度額ですが、

ヴォクシーハイブリッドの
本体値下げ限度額が

約20-23万円程度で、

さらにオプションの料金の

値下げ価格が約4-6万円程度なので、

総計で約「30万円弱」が

交渉限度額になります。

ディーラー側の既存の

下取り査定額を本体価格で
差し引いてすごく値引いた

価格表示をしてくるのが一般的ですが、

この時に下取り査定額をいかにも
高値で買取した感覚で話してきますが、

実際には査定額をサバを
読んでいる可能性が高いので、

他社の一括見積などで
一番高値の下取り価格を

知ることが大前提としておくのが
良い方法です。

またヴォクシーハイブリッドの
販売はネッツ店とカローラ店
での取り扱いで、

それぞれに足を運び価格競争を
繰り出すのも大幅な値下げが
期待できますが、

特に異資本業務にあたる

ネッツ店同士はお客様の
奪い合いになっているのが現状なので、

店舗同士が離れたネッツ店に
加えてカローラ店を混ぜながら

「こちらのお店はこのくらい下げてくれた。」

と交渉していくと、

さらに大幅な値下げが
展開される可能性が生まれます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆競合車と比較する

また同じトヨタ車の中で
ライバル車に当たる

「セレナ」と価格競争を繰り出すのに比べ、

兄弟車に当たる

「ノア」とか各経を繰り出した方が
スムーズに値引き交渉が
行われやすいのが現状です。

実際にセレナ自体には既に
大幅な値下げ交渉が繰り出されてる点や、

セレナに比べヴォクシーハイブリッドの
方が性能性が高い点でも

ライバル車種と価格競争を繰り出しても

「セレナでは値下げは厳しいですね。」

と一言で終わってしまう可能性が高いのです。

その点に比べると兄弟車である
ノアとか価格競争を繰り出し、

例えばノアの見積もりを
あらかじめ他店のトヨタディーラー
で取っておいて、

先ほどのネッツ店とカローラ店に
加えて競争材料に加えていくと、

さらに大幅な値引き交渉が可能になってきます。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 新型ヴォクシーハイブリッドをさらに65万円以上もお得に買い替える方法はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク