レクサスct 中古 価格 値引き 交渉術

トヨタの高級車ブランド
レクサスのエントリーモデル
として人気なのが、

レクサスCT200hです。

コンパクトハッチバックスタイルが

採用されており、

一見すると高級車レクサスの
クルマであることがわからないかもしれません。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でレクサスCTをさらに65万円もお得に購入する方法はこちらa>

しかし、

車内に乗り込めば、

単なるコンパクトハッチバック
とは一線を画する高級感が溢れており、

走りだせばその感が一層強く
増すことでしょう。

レクサスCT200hの最も大きな特徴は、

3代目プリウスと同じ
ハイブリッドシステムが
搭載されていることです。

すなわち、

最高出力が73 kW (99 PS)/5,200 rpm、

最大トルク142 N・m (14.5 kgf・m)/4,000 rpm

を発揮する

2ZR-FXE型 1.8L 直4 DOHCエンジンに、

最高出力60 kW (82 PS)、

最大トルク207 N・m (21.1 kgf・m)

発揮するモーターが組み合わされており、

力強い走りを披露します。

サスペンション形式は
前後共レクサスHSと同じものが
採用されていますが、

コイルスプリングや
ショックアブソーバーなどは
専用設計され、

よりしっかり感がある
スポーティな味付けになっています。

そのためプリウスの
レクサスバージョンと思って購入すると、

硬い足回りにびっくりされる方も
少なくないようです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

レクサスCT200hから大きな
値引きを引き出すのは簡単では
ありませんが、

まずはモデル末期であり
2017年には新型に

フルモデルチェンジすることから、

それを盾に値引き交渉に臨むと
良いかもしれません。

次期レクサスCT200hはSUV風に
なると言われており、

かなりイメージが変わるようですが、

SUVは大人気ですので、

現行モデルの人気がダウンする
可能性が高いです。

レクサスブランドであったとしても、

値引きに応じざるを得なくなる
可能性が高いです。

また、

値引き交渉術の定番として、

ライバル車をぶつけていくという
方法があります。

レクサスCT200hのライバル車は、

BMW1シリーズが効果的です。

レクサス自らライバル車は
BMW1シリーズと公言しているので、

ライバル車として
強く意識してくると思われます。

ただ、

価格で比較すると、

BMW1シリーズの中でも
ライバルとなるのはMスポーツと
呼ばれる高性能バージョンになります。

また、

ハイブリッドカーということで考えると、

スカイラインハイブリッドなども
効果的かもしれません。

ライバル車よりもお得感があるなら、

購入を考えても良いという感じで
交渉すると良いでしょう。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でレクサスCTをさらに65万円もお得に購入する方法はこちらa>

スポンサーリンク
スポンサーリンク