富山 アルファード 値引き 2016 交渉術

1

最近の車業界においては
非常に大きな動きが始まってきており、

消費者の視点からしても
この動きに対してしっかりと
ついていく必要があります。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でアルファードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

大きな動きとしては、

日本のものに対する値段を
どんどんとあげていこうという
動きになってきており、

特に物の値段をあげることで
現在までの日本政府の抱えている
国債の借金に関して値引き
していこうという動きになりつつあります。

このような状況になっているため、

車の値段に関してもきっちりと
上昇してきており、

現在の車の販売価格は以前に
比べると10%以上上昇してきています。

車といえば数百万円以上する
高額な買い物となるため、

販売価格が10%以上上昇すると、

それだけでも、

1カ月以上のお給料分は
値上がりすることになります。

このような状況になってしまうと、

現在の家計における平均所得は
減少傾向にあるため、

非常に大きな支出になってしまいます。

このような大きな変化が

あったということをきっちりと
押さえておくことと、

消費者側の視点と販売者側の
視点をきっちりと持っておくことで、

より賢い買い物ができるように
取り組んでいきます。

ここで、

富山 アルファード 値引きの
交渉術について、

消費者立場から見た場合と、

販売者の立場から見た場合の、

両方の視点から説明していきます。

消費者の立場から見た場合、

消費税が増税されるタイミングや、

引っ越しにより新生活を始める際に、

ライフスタイルの変更として
車を買いたいという衝動が出てきます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

このような場合に、

車の需要が大きくなることで、

少々値段が高くなったとしても
購入しようという動きになります。

このような時期においては、

何もしなくても車が
売れていきますので、

販売者から見た場合に、

車の値引き交渉に応じる必要は
なくなってきます。

逆にモデルチェンジをして
新しい車が出てきた場合には

旧型の車に関しては一気に
人気が落ちてくるため、

需要も減少傾向にあり定価など
そのままの価格では売れなくなってきます。

売れなくなってくると、

販売者から見た場合、

車の在庫を抱えたままですと
時間がたつにつれて売れにくくなってくるため、

販売価格を下げたとしても
売ろうとしてきます。

このように車の価格に関しては
販売者が売りたい時期があり、

その時期の価格の値引きが
受け入れられ安くなるので、

時期を選んで交渉するのも
交渉術のひとつとなります。

もうひとつは、

他店に足を運び販売者に対して
見積もりをとらせることが
大切になってきます。

見積もりをとることで販売価格の値引き材料にも使えます。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でアルファードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク