アルファード 値引き 2016 新型と旧型の比較

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

新型アルファードと
旧型アルファードでは、

第1にデザイン面の変化が
大きいと言うことができます。

旧型は、一般的なミニバンと
言う風情でしたが、

新型は、

堂々としてどこかいかつい顔が
特徴的です。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でアルファードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

第2に新型モデルと比較として
重要なのがスペースです。

新型は、

たくさん荷物が積めるために
大勢でのゴルフなどのときは用具を
全部詰めるようになっています。

逆に家族乗りしかしないのなら
旧型でも十分だとは言えます。

第3にインテリアです。

インテリアは正直あまり変化が
あるとは言えません、

ただ上級グレードのものは、

シートに質感があり豪華さがでますが、

標準グレードではあまり変化はありません。

第4に第4に走行では、

新開発のサスペンションが
導入されているために操縦安定性や
乗り心地の点でかなり進歩していると
言えますが、

走行能力(動力性能)は、
大きな違いがありません。

新型は動力性能が確かに進歩してますが、

車両重量が増加してますので
よく走るようになったとは言えないのです。

第5は、価格です。

もちろん新型はかなり高い。

そこで値引きとなりますが、

新型車はやはり値引きは
相当厳しいと言えます。

そこで値引き方法を考える必要が
あると言えます。

まず第1に購入時期として

8,9月や2、3月の決算期や
12月のボーナス時期を狙うというやり方です。

特別値引き額を提示する場合が多いです。

第2に競合車を立てると言うことです。

日産エルグランド、

ホンダオデッセイ、

また兄弟車のヴェルファイアなどを言って、

どちらにしようか悩んでいるというやり方です。

多くのディーラー(販売店)に
行ってリストアップした表などを
見せながら値引きしてでも

売りたいと思わせることが大切です。

そして第3が下取り価格の利用です。

実はこれが一番大切な交渉術と言えます。

アルファードを買う時には
自分の愛車を買い取ってもらう

(下取り)わけですが、

できるだけ高く買ってもらう必要があります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

かならずしもアルファードを

購入する販売店で買い取ってもらう
必要はありません。

ひどい時には、

何十万も値引きすると言って
うれしがらせ、

買取り(下取り価格)を安くするところもあります。

30万も値引きするといって
買取を20万も下げたら

10万しか値引きしていないことになる
と言うわけです。

アルファード 値引きの方法として、

まず、

ネットで買取査定、

下取り査定を検索して、

相場を確認して、

買取専門店(ガリバーやカーセブンなど)

で交渉して買ってもらいましょう。

そしてそれを「頭金」にして

アルファードを購入するという順番を取ると、

大幅な値引きと同じ効果をもたらすことができます。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でアルファードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク