フォレスター 値引き みんから 反応は?

2

≪スポンサーリンク≫


最近の自動車販売状況は
非常に好調になってきており、

日本の円の価値が下がっている
円安状況にあるため海外での

日本車は非常に割安感がでてきており、

よく売れるような状況になっています。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でフォレスターをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

逆に日本から見た自動車販売状況は
年々自動車の価格が上がってきており、

サラリーマンの平均所得は
減少傾向にあるためより販売が
不調になってくるような状況になっています。

しかし、

最近の自動車では価格が
上昇しているのにもかかわらず、

自動車の販売価格の
上昇分燃費性能が良くなったり、

自動車の運転手への安全性能も
よくなるように設計されている点から

メーカー側は付加価値を付けて
お客様を満足させることで販売価格に
対して上乗せしてく傾向にあります。

しかし、

実際の家計においてはいくら
高機能になり付加価値がついた
としても購入するための余裕資金は

所得の減少と共に毎年減少して
いっていますので、

高級品である自動車をなかなか
購入することは難しくなってきています。

そのような状況にあるため、

現在の自動車メーカーにおいては
できるだけ機能をシンプルにして

開発費や設計費を安くして
検査コストも安くした廉価版を
販売する方法がとられています。

ここで、

自動車を購入する際には
このような高級品となるため
販売価格から少しでも

値引きしてもらえるように
しっかりと交渉できる交渉術を

身に付けておく必要があります。

ここでフォレスター 値引きを例に
説明していきますと、

現在の販売価格については
あくまで参考価格と思っておく必要があり、

販売価格そのままで購入するよりも

値段を安くすることを頭の中に
入れておきます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

まずは、

販売店の側に立って
どのような状況かをしっかりと
見極めておくと、

自動車の販売に関してはある程度

の利益をのせて販売する傾向にあるため、

現在の価格ですと販売価格が
丸儲けの状況になります。

そのような状況を避けるため
にしっかりと販売店に対して

しっかりと交渉する必要があります。

しかし、

注意しておかなくてはならないのが、

売れ行きが好調で入荷待ちの車に
関しては販売店は非常に

強気になるため値引き交渉を
受け入れてくれないことが多いため、

ねらい目としては販売が

落ち着いてきて在庫も少しずつ
抱えるような状況なってきたときが

販売店としては早く売りたくて

価格に関しても値引きをしても
良いというスタンスになるため

交渉するときには良い時期となります。

さらには現在の価格と比較しても

しっかりと値下げの余地を
探っておく必要があります。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でフォレスターをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク