ヴェルファイア 値引き 2012 新型モデルと比較

1

≪スポンサーリンク≫


トヨタの高級ミニバンヴェルファイアが、

2015年1月26日にフルモデルチェンジし、

2代目に移行しました。

フロントマスクは一面メッキバーで
覆われたようなデザインが採用され、

ヘッドライトがそのメッキバーと

連続しているようにシャープな
デザインになっています。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でヴェルファイアをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

また、

それに合わせてリアの
デザインも
リアコンビネーションランプと
メッキバーが直線で結ばれる形になっています。

全高は1,880-1,950mmあり、

普通の大人の身長よりも
遥かに高くなっており、

全幅も1,850mmと1800mmを超えています。

全長は4,915-4,935mmと

すべてのサイズが初代モデルよりも
大きくなりました。

パワートレインは初代モデルの

2.4Lガソリンエンジンから

2AR-FE型 2.5L直4 DOHCに
サイズアップされたほか、

3.5Lガソリンモデルは

2GR-FE型を引き続き搭載しています。

また、

ハイブリッドモデルには専用の

2AR-FXE 2.5L 直4 DOHCエンジンと
モーターが組み合わされ、

JC08モード燃費は、

旧型の17.0km/Lから
19.4km/Lに大幅に改善されています。

また、

ガソリンエンジン車も

11.2km/Lから12.8km/Lへと改善しています。

走行性能に関しても、
旧型に比べると、

非常に乗り心地や静粛性が良くなっています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

これはリアのサスペンションに
ダブルウィッシュボーン式が
採用されたことや、

高張力鋼板の採用範囲を拡大し、

構造用接着剤を導入するなどによって

ボディ剛性強化が図られた効果が
大きいようです。

直進安定性や操縦安定性の点でも
良くなっています。

また

レーダークルーズコントロールを
全車に標準装備するなど、

快適なドライブも楽しむことが
できるようになりました。

ヴェルファイア 値引きは
かなり期待できそうです。

黙っていると、

10万円~20万円程度で
終わってしまうことも多いですが、

粘って交渉すれば30万円以上の
値引きを狙うことができます。

また、

旧型モデルに関しては、

新型モデルと比較すると派手さが
抑えられている点から、

デザイン的に好みだという人も
少なくないようです。

旧型を中古で購入される場合も、

人気車ですのでかなり高値が
設定されているため、

しっかり値引きの交渉は行いたいものです。

下取り車がある場合は、

買い取り価格も含めてしっかり
交渉することが大切です。

下取り額に満足できない場合は、

買い取り業者から査定してもらうと良いでしょう。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でヴェルファイアをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク