トヨタ エスクァイア 値引き 群を抜いて販売率を高めている

3

ミニバン車種の中でも最も人気があるといっても過言ではないほどの「エスクァイア トヨタ」は、今ではトヨタ車の中でも群を 抜いて販売率を高めているトヨタの看板車種の一つにもなっているほどです。

スポンサーリンク

◆エスクァイア 本体価格は高価

そんなエスクァイアの本体価格も高額なので、少しでもお得に購入できる交渉術をまとめてご紹介したいと思います。まず 現実的にトヨタ車から販売されているセレナやエスティマに比べて、エスクァイアは値下げ価格の点から見ると大幅な値下げ 価格は厳しいのが現状で、交渉限度格から見ると車両本体の値引き限度額が約23万円、オプション含む平均交渉限度額が約30万円です。

この目標限度額を知ったうえで、購入の際には値引き後の価格によっては一気に購買する意欲を見せた上で、営業マンの方に意思表示をすると営業マンは熱い交渉に乗ってくれる可能性が高いです。その際にはエクスファイアの一つに的を絞っていることを一切口にせずに、ライバル車種で迷っていることを告げるのも一つの方法です。

例えば「ネッツ店で先ほどヴォクシーの商談をしてきたのですが、トヨタのミニバンの中で決めていることは間違いがなくて、 それでエスクァイアの価格次第ではこちらの予算内に収まるのであれば契約してもと思いこちらに足を運びました。」

といった内容を含めれば、営業マンの値下げ度合いにスイッチが張る可能性が高いです。

万が一値下げ交渉ができなかった場合は、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店の両方の取扱店があるので、トヨタ店でダメだったらトヨペット店と足を運びなおし、再度一発値引き交渉を繰り広げる展開を行い会話の中でも「実際にあちらのトヨタ店ではこれくらいまで値下げてくれた。」と価格競争を繰り出していくと、一気に価格を下げてくれる可能性もあります。

スポンサーリンク

◆エスクァイア交渉が駄目だったら

その際には「地元のトヨタ店」「地元のトヨペット店」などから足を運び、さらに可能であれば「隣県のトヨタ店」「隣県のトヨペット店」と4店舗で価格競争を繰り広げ、最終的には都心のトヨタ店の方が価格競争を繰り出している可能性が高いので都心のトヨタ店の名前を出しておくのも良い方法です。

最終的には「ここのお店では限界の価格でここまで下げてくれました。」と告げ価格競争を展開した末に、これ以上は限界といった価格の提示であればそれが限界の交渉価格になると判断し、その際に初めて契約書のサインをかわすのがベストな方法でもあります。

その際にはサインをする際にオプションの値下げ交渉も同時に行えば、契約時の方が最終兵器にもなるのでオプションの価格が下がる可能性が高いです。

スポンサーリンク

◆エスクァイア紹介動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク