アルファード ヴェルファイア 違い 値引き 交渉術

2

最近の車の価格は徐々に値上がり傾向にあるため、非常に大きな買い物となる上に、より価格が上昇して購入者が難しくなっています。特に新車の販売においては、日本では円安の影響により車の部品の輸入価格が上昇しているため、自然と車の本大会価格も
値上がりの傾向を見えています。

スポンサーリンク

◆アルファードとヴェルファイアが購入しにくくなる

さらには、現在の日本政府の目標としては自動車を含めた日常の身のまわりの製品の価格をどんどんと値上げしていくように推奨しており、特に消費者物価指数と呼ばれる物価を示す指標に関しては、毎年2%上昇を目指すように動いています。

現在のところ、2%ほどの上昇までには至っていませんが、これまで販売価格は低下の流れであったものが徐々に上昇するような流れに変わりつつあります。このような状況の中で、さらに各社自動車メーカーは車の販売価格を上昇させるために、付加価値をつけていっています。ヴェルファイア アルファードにおいてはどんどんとデザイン性能を向上させていくことで、ユーザーの満足度を高めるように推進していっており、かっこいいデザインのもとで、お客様が欲しがるデザインになっているため、どんどんと需要が高まっています。

特に現在の需要を押し上げる要因としてはオリジナル性の高いデザインが好まれるようになってきており、オリジナル性を出すためにカスタム仕様にする人たちが増えています。このような状況になってきていますので、車の販売価格はどんどんと上昇するような傾向にあります。

スポンサーリンク

◆アルファードとヴェルファイアの定価がアップする

そこで、このようにどんどんと定価が上がっているなかで、そのままの価格では購入することが難しくなってきますので 価格を安くしてもらえるような交渉術が必要になってきます。

特にヴェルファイア 値引きについての方法としては、この車は人気のある車種のため、市場にはたくさん出回っていました。市場にたくさん出回るということは、その分供給が多くなることを意味しており、需要よりも供給が上回っているため、より価格は下がっていく方向になります。ここで、このような特性利用して、人気で在庫のない時に価格交渉をすることは難しいのですが、 新しいモデルが出て、モデルチェンジをするような時期に関しては、販売者側は不利な立場にあり購入者側は有利な立場にあるため、より価格を安くするように交渉することが交渉術の手段のひとつとなります。

さらには、決算の前の時期になりますと、在庫を処分したいという販売者側の思いから多少無理をしてでも値引きしてくれることがあります。

スポンサーリンク

◆新型アルファードとヴェルファイア紹介動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク