次期アテンザ マツダスピード スカイアクティブ バージョンⅡ搭載

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

マツダのスポーツモデルであるマツダスピードは、2013年11月のマツダスピードアクセラが絶版になって以来、開発が途絶えています。

スポンサーリンク

◆次期アテンザにマツダスピード?

その背景には、マツダがSKYACTIV TECHNOLOGYの開発に躍起になってきたからだとも言われていますが、そのSKYACTIV ECHNOLOGYは現在バージョン2に移行中であります。次期アテンザには、このバージョンアップした次世代SKYACTIV TECHNOLOGYが搭載されることになっています。

 

スポンサーリンク

◆スカイアクティブバージョンⅡ

ところで、マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズのCEO兼社長が、このSKYACTIV TECHNOLOGYバージョン2の開発が一通り終わったら、ハイパフォーマンスモデルなどの開発に取り組みたいという発言をしています。

つまり、開発が途絶えていたマツダスピードの復活を示唆したわけです。マツダスピードによるアクセラやアテンザの噂が絶えることがないのは、それだけユーザーが開発を期待している証拠でもあるのですが、開発が途絶えた背景には、環境問題や原油高があったと思われます。環境性能の面で規制をクリアすることはもちろんですが、メーカーのイメージとしても、環境問題に取り組んでいる姿勢を見せることなしのハイパーモデル開発は難しいということであったのでしょう。

ただ、現在の原油価格は2013年ころと比べると、1/3程度にまで下落しています。。

 

スポンサーリンク

◆注目のHCCI

またSKYACTIV TECHNOLOGYによって環境性能問題もクリアしてきています。さらにSKYACTIV TECHNOLOGYバージョン2では、ガソリンエンジンの自己着火(HCCI)を可能とする新エンジンが市販化される予定で、驚異的な低燃費とCO2削減に成功していると言われています。そこにハイブリッドシステムを採用することで、他のメーカーにはない環境性能を備えたモデルが完成します。

このようなことを考えると、次期アテンザのマツダスピードモデルが登場しても不思議ではありません。次期アテンザの登場は 2019年ころと言われているので、まだずいぶん先の話になりますが期待が高まります。また、アテンザの前にアクセラが SKYACTIV TECHNOLOGYバージョン2を搭載してフルモデルチェンジする予定ですので、まずはアクセラのハイパフォーマンスモデルが登場するかどうかです。

トヨタや日産など他のメーカーでもハイパフォーマンスモデルがあるので、マツダもこのまま黙ってみていることはないと思われます。

◆マツダ新型cx-5 紹介動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク