レクサスRX 新型 価格 値引き 交渉術

1

レクサスRXはレクサスブランドのSUVで、高級感漂うフラッグシップ的な存在です。オーナーも富裕層が多い事から、街中で見ると人目を引く車でもあります。

スポンサーリンク

◆レクサスRX 新型 ブランドを大事にしている

レクサスは基本的にブランドイメージを大切にしている点があり、その造形や内装も妥協を許さないという点で他の国産車とは 一線を画しているというイメージが有ります。そのため、レクサスRXは値引きを引き出すのは非常に難しいと言われています。

今まで値引きをして販売したという実績は無く、値引きの交渉は一見非常に難しい車種といえます。また、他社では競合車種を引き合いに出すと逆効果になることもあります。

但し、交渉次第によっては、実質値引きを獲得することも可能です。それは付属品をサービスでつけてもらうこと、若しくは下取り車が有る場合にはその査定額を上乗せしてもらうことです。これらは一見非常に分かりにくい物ですが、実質的な値引きに相当する部分でもあるので、レクサスRX 値引きを考えるのであれば付属品の充実や下取り車の高額買取を目指す方が効率的な交渉術と言えます。

スポンサーリンク

◆レクサスは本来値引きをしないメーカー

レクサスは本来、値引きをしないことで有名なブランドです。その為、レクサスRXにおいても値引きの話をしたとたんに門前払いをされそうな雰囲気も有り、なかなか値引き交渉は出来ないものです。その為、レクサスRX 値引きを交渉で引き出すことは非常に難しいため、直接的に値引きの話をしたり、他社との競合の話をするのはあまり効果が有りません。

但し、間接的に競合の話をして営業マンに意識をさせることは非常に重要です。その理由はレクサスも販売台数に関する目標を持っており、その目標を達成することが営業マンや営業店にとっては非常に重要です。その為、店舗によっては交渉を行っていた 顧客が他社に流れてしまっては正直困ってしまう物なのです。但し会社の方針で値引きは出来ないため、その他の方法で顧客をつなぎとめ購入してもらえるようにすることになります。その結果が付属品のサービスや下取りの上乗せという形になるのです。

特に他店同様決算期になると販売台数を増やすことが必要になるため、サービスが向上する傾向にありますので、この時期が狙い目であると言えます。レクサスRXにおいては、金額としては概ね30万程度の付属品を付けてもらえれば概ね良好な数字だと考えられるものです。

但し、余り無理な要求をした場合にはその後のサービスなどに影響を及ぼす必要があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

◆新型レクサスRX紹介動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク