プリウスα 新型 価格 値引き交渉術

3

今ではトヨタの定番の人気車種の一つにもなっている「プリウスα」ですが、発売から約3年たった今も以前のスタイリッシュさに加えてハードな力強さに加えてよりスポーティーな外観を感じさせ、

スポンサーリンク

◆プリウスα 新型値引きをするなら

またレーダークルーズコントロールやレーンディパーチャーアラートなどの機能も搭載し、ますます魅力的な新型人気車種に進化し続けています。そんな中プリウスαをご検討中の方に必見な情報として、購入時に少しでもお得に購入する方法があるので実践できる交渉術をご紹介したいと思います。

実際プリウスα を購入する前に、値引き交渉限界額を知ることも重要で、プリウスα トヨタ 値引きは「プリウスαの車両本体」の値引き交渉に加えて、オプションで追加した額の約20-30%くらいの値引き交渉が可能なのです。実際に2016年プリウスα 本体値引き交渉限界額が約30万円で、さらにオプションで追加した分が例えば30万円の場合は約4-6万円程度は値引きが可能なので、 「総計で34万円程度」が値引き交渉限度額になるという事です。

スポンサーリンク

◆プリウスα新型を購入するときの注意事項

新車を購入するときに必ず関わり合ってくる営業マンとのトークには、売り側としても正規の価格での購入ではなく、やはり価格交渉をされる前提の価格を把握しているのが現状なので初めから価格交渉時にはサバを読んでいることが多いのです。そんな中で実際に購入者側にとってもお得に購入できるのが、既存の車の買取査定後の値引き交渉なのですが、買取査定額が大幅にアップした値引き感を感じますが、営業マントークの中にある程度この買取査定後の表示にもサバを読んでる可能性が高いのです。

実際に「お客様の査定額が60万円になりましたので、下取り値引き後価格は120万円でどうでしょうか?他社には決してありえない価格です。」と言ってくることが多いです。

この場合には売主側の方でも値引き交渉額をあらかじめ把握しているので、下取り査定額にサバを読んで提示している可能性が高いわけで、結果として提示された時に私たちは「こんなに値引きされている!お得!」と言う気持ちにさせられてしまう事が多いのです。実際にはプリウスαの本体価格を値引き提示するよりは、下取り査定額をサバを読んでいかにもお得に購入できるアピールをしますが、実際に他社の査定をした場合には80万円の査定額だったとすれば、その差額20万円分が損をしてしまうのです。

結果としてプリウスαを購入する際には、交渉限度額に加えて一括見積サービスなどを利用して、既存の車の買い取り最高額を知ることがとても重要になってくるのです。

スポンサーリンク

◆新型プリウス紹介動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク