スバル アウトバック 中古車 値引き 隠れた人気車

3

≪スポンサーリンク≫


スバルの隠れた人気車に

レガシィアウトバックがあります。

もともと

レガシィツーリングワゴンをベースに、

オーバーフェンダーを装着し、

最低地上高を拡大して、

SUV風にアレンジしたのが
レガシィアウトバックで、

レガシィツーリングワゴンよりも
高級感も持たせて、

レガシィツーリングワゴンとは
一味違う魅力に仕上げていました。

スバル クロスオーバー7 年次改良 値引きのポイント

スバル新車情報レヴォーグ WRX STI 新型フォレスター XV 最新情報 スペック予想

しかし、

2014年にレガシィが
フルモデルチェンジをしたのを機に、

事情が大きく変わりました。

というのも、

スバルの看板車種だった

レガシィツーリングワゴンが廃止され、

このレガシィアウトバックだけが
残されたからです。

このアウトバックが
ツーリングワゴンを
吸収してしまったと言った方が
良いかもしれません。

ボディサイズは売れ行き好調な
北米市場を意識して大型化され、

エンジンは
レガシィツーリングワゴンに
代わる形で登場したLEVORGに

搭載される1.6リッターターボエンジンではなく、

トルクに余裕があり、

車両重量とのバランスも良い
2.5リッター水平対向4気筒エンジンが搭載されました。

このエンジンは前モデルに
搭載されていたFB25型ですが、

約8割の部品を新設計しています。

また、

レガシィアウトバックは
2015年度グッドデザイン賞を受賞しています。

ワゴンとSUVを併せたようなデザインは、

他に類似しているクルマが
ほとんど存在していません。

その意味では他の人とは
違うクルマを所有している満足感があります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

ただ、

大幅値引きのための効果的な
交渉術としてライバル車を
ぶつけるという方法がありますが、

ライバル車が少ないので、

競合させるクルマに工夫が必要です。

たとえば、

トヨタの高級SUVのハリアーあたりが
ライバル車としてあげることができます。

スタイリッシュな高級感SUVのハリアーは、

レガシィアウトバックとは
デザイン的にはかなり違いますが、

両者とも個性的なクルマであり、

オンロードもオフロードも
得意としている点で共通点があり、

ライバル車としてぶつけていくと
意識することでしょう。

値引き目標は25万円~30万円程度です。

オプションも含めると
30万円以上の値引きを
引き出したいものです。

スバルはオプションからの
値引きが大きくなる傾向があるので、

効果的に用いると良いでしょう。

また

下取り車がある場合は、

少しでも高く買い取って
もらうようにすることも大切です。

買取店によって

10万円~20万円近くも
買取価格に差がつくことも少なくありません。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク