ボルボs60 評判 新コンセプト 主要スペック

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆最強のボルボが新コンセプト

直列6気筒のほうがいいに決まっている。かつてのT6エンジンは、流れるトルクと魅惑の6気筒サウンド、4WDの威力により安定した 速さを持つプレミアムGTカー 特有の個性が光った。

対して新型は、新たな直4エンジンによりさらに鋭いハンドリングを実現した正真正銘のスポーツカーに、”進化”している。 ボルボのチューンドコンプリートカー『ポールスター』が”エボリューション”の文字を加えて新しくなった。すでに2016年モデルとして6気筒の新しS60/V60ポールスターが日本に上陸済みだが、本国では2017年モデルとしてボルボが推奨する新エンジンコンセプト、4気筒のDrive-Eを搭載したS60/V60ポールスターが誕生した。

スポンサーリンク

◆WTCC

今年ボルボが復帰するレースWTCC(世界ツーリングカー選手権)の初戦フランス・ポールリカール大会で新型ポールスターが試乗車として登場した。ボルボは今後、ガソリン/ディーゼルを含め直列4気筒2L以上は作らないと明言。それがDrive-Eエンジンの基本だ。本家のボルボと同じようにポールスター社もガソリンの2L4気筒にS/C(スーパーチャージャー)+T/C(ターボチャージャー)の新世代『T6』をチューンした。

それは350ps/51kgmの従来に対して367ps/47.9kgmとパワーでアップしたトルクは若干劣るものの、ミッションが6ATから8ATに変わり、0⇒100㎞/h加速は 4.9秒から4.7秒に短縮。燃費は欧州モードで100㎞進むのに10.2L必要だった従来に対して7.8L/100㎞に。CO2排出量も237g/㎞から179g/㎞に下げ、まさに新世代に意味がそこにある。

エンジンを含むフロント回りの重量が”24kg”と、わずかだが軽量化したことは、ハンドリングに想像以上に効果をもたらしている。ポールリカールまでのカントリーロードで、まずは従来の重圧さとは違う、ノーズの動きの軽快で切れ味鋭いコーナリングを体感。まるでクルマが小型化したのかと錯覚するほどのステアリングと全体の動きが直結した軽さだ。

スポンサーリンク

◆主要スペック

全長:4635mm
全幅:1865mm
全高:1480mm
ホイールベース:2775mm
エンジン:直4DOHC SC付きターボ
排気量:1968㏄
最高出力:367ps/6000rpm
最大トルク:47.9kgm/3100-5100rpm
トランスミッション:8AT
価格:未定

◆ボルボS60 紹介動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク