キューブ 新型 2016 値引き 交渉 20万円から25万円を目標設定に。

1

≪スポンサーリンク≫


日産キューブは、

主に若者向けに作られた
タウンユースに最適なサイズの
人気車種です。

現在ではその高い利便性から
老若男女を問わず愛されています。

コンパクトで価格もお手頃ですが、

少しでも安く購入したいと思うのは、

ユーザーにとって自然な発想です。

レヴォーグ STI Sport 価格 納期 スペック 値引き まとめ

スバル インプレッサ 新型 2016 価格やサイズ 口コミ

キューブ 値引きを

最大にするための交渉術を
挙げてみます。

まず、

キューブ 値引きを引き出す
準備として知っておくべきは、

他車と競合するかどうかで
値引き額は違ってくるという点です。

たとえキューブを購入することを
決めていたとしても、

似たような車種で見積もりを
取るべきです。

その金額やサービスを
キューブの商談に持ち込めば、

いい金額が出やすいです。

他社で見積もりを取る時は、

キューブに気持ちが傾いている
意思を伝えるのがコツです。

自社の車にひっくり返すため
に好条件を出してくる可能性が
高まるからです。

他車に決められるくらいなら、

多少条件を無理してでも
自車に乗ってもらいたいという

ディーラーの心理を突くことができます。

これはどの販社にも当てはまることです。

購入のタイミングも大事です。

ディーラーはノルマ達成のため
決算月に台数の追い込みをかけます。

たくさん登録しないといけないので
自然と値引きは多くなりがちです。

3月、9月の決算月に登録が
間に合うように契約するのがお勧めです。

好条件を引き出しやすくなります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

少し細かい話になりますが、

ディーラーには1週間ごとの目標もあり、

それを日曜日で区切るところが多いので、

土日の商談は値引きをして
もらいやすいという傾向も

知っておくと良いです。

土日に決めて気持ちよく月曜日を
迎えたいという営業マンは多いです。

次に下取り車がある場合です。

一昔前までは下取り車をディーラーに出し、

査定金額分が合計から
差し引かれるという流れが一般的でした。

しかし近年は買取専門の業者が増え、

そのほとんどがディーラーの

下取りよりも高い査定を出してきます。

できれば複数社から査定見積もりをもらい、

それをディーラーとの交渉時、
引き合いに出しましょう。

多くの場合、査定額アップが期待できます。

本体値引きを上回る得をすることもしばしばです。

面倒臭がらず手間をかけるべきところです。

キューブの本体値引きに関して、
ネット等では20万円から25万円程度
という目標設定が散見されます。

これをいきなりディーラーで話すと、

応酬話法のノウハウを持っているので、

地域性などを理由にかわされてしまいます。

情報として心に留めておく方が良いです。

交渉術を駆使すれば、

これ以上の実質値引きを
勝ち取ることも十分可能です。

→人気モデル別 値引き交渉術はこちら

→ 最新の値引き交渉術でキューブをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク