レヴォーグ STI Sport 値引き インターネットでの下取りがポイントになる。

1
スポンサーリンク

◆最近の自動車販売市場について
3

最近の自動車販売市場は昔と比べて大きく変わってきているところがあり、現在の購入の仕方をしっかりと覚えておくことでより
安く購入することができます。

昔の自動車販売といえば、ディーラーに車の見積もりをしてもらって他のディーラーに対して見積書を持っていくことで合い見積もりをとり、より安い方のディーラーで購入するというのが常套手段でした。しかし、現在においては車の決算時期が各社において非常に明確に示されているので、各社の決算時期を狙って車を購入する方法も有効となっています。

例えば、レヴォーグ スバル 値引きの交渉術に関してですが、現在のスバルは非常に売り上げが好調で最近ではより良い車をより 安く売ろうとする傾向にあります。理由としては、現在の日本の為替動向に関しては非常に円安方向に動いているため、数年前までの円高の時代と比べますと現在は2割以上円安方向に動いています。このような状況の時には案外販売台数が非常に伸びてきますので、会社としては利益が出ている状況なり、よりお客様に利益を還元することができる時期になります。

スポンサーリンク

◆クルマの購入しやすい時期に。
2

そのような時期に、車を購入することは非常によい時期になるので、現在のような車を売りやすくまた、品質の良い製品を出しているときに買うことがよりお得な買い方となります。

特に、現在の日本の状況としてはマイナス金利政策が導入されたことにより、住宅ローンだけでなくマイカーローンを組む際にも 金利が安くなる傾向にあります。

このため、金利が安いうちに購入することでトータルコストをより下げることができます。ここで、レヴォーグ スバルの値引き交渉術ですが、レヴォーグ自体は価格としてはあまり安くない車で中級車種にあたりますので、値引きの交渉次第では非常に 安く購入することができます。

まず、購入する際にはインターネットにおいて同じ車種で新車と中古車の最安値の価格をきっちりと調べておきます。ディーラーで購入する際にはその値段までは下げることができない可能性は高いのですが、インターネットでこの価格で販売していたことを伝えると、近い価格までは値引きしてくれる可能性が高くなってきます。

特に、インターネット上では人件費があまりかからないため相対的にディーラーで購入するよりも安く購入することができます。

次に、購入する際にオプションを値引いてもらう方法があります。カーナビなど通常で購入する場合には非常に高価なものでも車とセットで購入すると安くできるといったメリットもあります。

スポンサーリンク

◆レヴォーグ STI sportの値引き額

1

実際にネットでどれくらい値引きが可能であったのか、調べてみたところ、パターンはいくつかあるようだ。

1.6STIsports

349万円⇒11万円、

オプション41万円⇒値引き25万円

諸費用31万円で

合計385万円のケース

おおまかにいって
20万円以上の値引きは出せるという話。

納期としては、案の定というか、予約が遅れれば納期は遅れるというのは当然の話だが、7月発売ですぐ予約した場合は、8月、9月末に納車、それ以降だと、2017年か、2016年度末になるということも言われている。おおよそは3カ月くらい納期にはかかるとみていいだろう。

◆レヴォーグ STI sport 動画

◆管理人のぼやき
4

管理人は2015年東京モーターショーに行ったとき、このレヴォーグSTIを見て『これはほしい』と一目見て思ったほど。だが今はS660に乗っているので、当分買うことはない。にしても、口コミを見ていると、こちらも興奮してくるくらいの歓びを記載しているものが多く、正直うらやましい。人気は2.0のようだ。年代にもよるのだろうけど、友人からは1.6を勧められた。気になったのが、『WRX STIを凌ぐ足回り』という言葉。ワゴンタイプでもセダンスポーツには勝てる要素があるもんだと、改めて感じた 言葉だったので、STIの技術力というのは素晴らしいものなのだな、と感心しまくっている今日この頃。

色はなんといってもブルーだろうか。黒も人気だそうだが、STIには『ブルー』というのがスバリストの共通認識なのかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク