ゴルフgti 新型 試乗 動画 ニュル最速を奪取したゴルフGTIの評価は?

3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

◆シビックタイプR敗れる

 

速度制限解除でニュル最速争いが過熱。レース中の自己による影響で速度制限が敷かれ、タイムアタックも禁止されていたニュルだが、改修工事で解禁に。

FF最速を争う戦いが、再び幕をあげた。自動車開発の聖地と呼ばれる『ニュルブルクリンク・ノルドシェライフェ』”生きた道”であると同時に、車両の総合的な性能がタイムに反映されやすいため、世界の数多くの自動車メーカーが開発/評価ステージとして使用している。スーパースポーツモデルが”市販車最速”の称号を得るためにタイムアタックが実施されてきたが、最近はCセグメントのスポーツハッチバックの”ニュルFF最速”の争いに注目が集まっていた。

ニュルFF最速にもっともこだわっているのはフランスの『ルノースポール』だった。まず2代目メガーヌRSがベースの230ps&軽量化仕様のスペシャル

『R26・R』

が8分16秒90を記録。

まずこの記録越えに挑んだのは欧州フォード。

 

2.5Lで300psを発揮する先代フォーカス最強モデル『RS』でチャレンジしたが8分26秒で記録更新にはならず。ルノースポールは2011年に3代目メガーヌRS(MC前)の高性能仕様である『RSトロフィー』で8分7秒97とさらに記録を更新し、日本市場でもニュルFF最速を大きくアピールした。日本の主要サーキットでも積極的にタイムアタックを行い、日本のサーキットでもFF最速を証明している。

◆記録に”待った”をかけたホンダ

その記録に”待った”をかけるべくホンダは2012年に伊藤社長が2015年に登場予定の次期シビックタイプRで『ニュルFF最速宣言』2013年フランクフルトショーでの開発テスト映像を公開、2013年メディア向けの先進技術体感イベントであるホンダミーティングで、プロトタイプへの試乗、2014年ジュネーブショーでのデザインコンセプトのお披露目を行った。

ただ、ホンダの敵はルノースポール以外にもいたのだ。ホンダがシビックタイプRのコンセプトを発表した2014年のジュネーブショーで、フォルクスワーゲンの一員であるスペインのセアトの『レオンクプラ280パフォーマンスパッケージ』がなんと8分切りの7分58秒44を発表。フォルクスワーゲンの新プラットフォームに280psの2L直噴ターボ『TSFI』を搭載しており、まさにFF版ゴルフRといってもいいモデルであったのだ。

◆セアトの記録更新

セアトによる記録更新後、ルノースポールは『アンダー8』と呼ぶプロジェクトを発表。これはアンダー8

=ニュルで8分を切る

=セアトの記録を破る

という挑戦である。

マイナーチェンジでフロントマスク変更されたメガーヌRS275トロフィーをベースに、約90kgの軽量化やサスペンション、タイヤなどがバージョンアップされた『メガーヌRS275トロフィーR』で従来モデルを14秒、セアトを4秒短縮する7分54秒36を記録し、ニュルFF最速の座を奪還。まさに、『やられたらやりかえす』ということだ。

そんな記録に対し、ホンダは2014年のパリモーターショーで『新型シビックタイプRはニュルFF最速のメドがたちました』という 開発者のコメントが盛り込まれた映像を公開。自信のあるコメントは僅差ではなく大きく差をつけてニュルFF最速を達成したように聞こえた。そして2015年のジュネーブショーで新型シビックタイプRが正式発表。公開されたタイムは7分50秒36。メガーヌRSトロフィーRよりも約4秒速いうえに、あのNSX-Rのタイムも越えホンダ最速のタイプRとなった。タイプRの記録更新発表から約1か月、ニュルブルクリンク耐久選手権でGTーRが観客席に飛び込み、観客1名が死亡するという事故が発生。

その後、コース一部に速度規制が実施され、自動車メーカーのテスト時にも拡大。その結果、貸し切り状態においてもタイムアタックはもちろん、タイム公開もNGとなってしまった。しかし、ニュルの対応は早く、8月にFIAに安全お高める改善案が提出され、改修工事がスタート。事故が起きたジャンピングスポットのブルークプラッツのバンプを取り除くため、再舗装や安全用フェンスやガードレールの増設などが行われ、2016年4月に改修工事が完了。速度制限解除が宣言され、タイムアタックも解禁となった。

ホンダ/ルノーはベース車のフルモデルチェンジのタイミングで、ニュルFF最速争いは沈静化していたが、ここで新たな挑戦者が現れた。フォルクスワーゲンのゴルフGTIをベースに、310ps/38.7kgmにチューニングされた2Lターボ、2シーター化などによる30kgの軽量化、レース用セットのD㏄、ミシュランパイロットスポーツカップ2などが採用された限定モデル『GTIクラブスポーツS』がビックタイプRのタイムを上回る7分49秒21を記録。

”ニュルFF世界最速”を更新したのである。コース改修後の記録なので直接比較することはできないが、ホンダ/ルノーはどう動くのか?

◆新モデルで王座奪還

今回、ニュルFF最速記録がフォルクスワーゲンによって更新されたが、そこにこだわっていた『ルノースポール』と『ホンダ』は、今後どのような手を打っていくのだろうか。メガーヌは2015年のフランクフルトショーで4代目が登場。居住性のアップのためにボディサイズはアップしているが、プラットフォームはルノー/日産が共同開発した新アーキテクチャーのCMF(コモン・モジュール・ファミリー)を採用。

サスペンションはフロント・ストラット/リア・トーションビームと従来と同じ形式を採用しているが、ホイールベース/前後トレッド拡大など、基本性能は大きくレベルアップ。現在のフラッグシップは『GT』。215psを発生する1.6Lターボ+7速DCT、ルノースポールがチューニングした強化サスペンションを含む専用設計のシャシーに『4コントロール』と呼ばれる4輪操舵などを採用。

関係者は、『実はRSの話はまだ聞こえてこない』というが、あの負けず嫌いのルノースポールである、型ベースのRSの開発は着々と進められているはずだ。

懸念材料は『熟成の2Lターボをどうするのか?』ということだろう。ホンダは、10代目となるセダン/クーペが発表済みで、ハッチバックも秋ごろには正式発表の予定となっている。ニュルでは5ドアがベースの派手なエアロパーツを装着したテストカーも目撃されており、新型にもタイプRが設定されるのは間違いないだろう。

プラットフォームはセンタータンク式から新開発のグローバルプラットフォームに変更。ワイド&ローなスタイルにより低重心化されたパッケージング、リヤサスのマルチリンク化なども実施。すでに発売中である北米仕様のセダンの評価も非常に高い。エンジンは現行タイプRと同じ2LのVTECターボを搭載するのは確実だが、関係者によれば出力向上のための伸びしろはまだまだある、という。

◆ゴルフGTI 試乗動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク