セレナ 新型 2016 価格 お買い得グレードは?

1

≪スポンサーリンク≫


現行型のセレナが2010年に

発売されてから6年が経とうとしています。

その6年間の間に幾度も
マイナーチェンジを重ね、

他の車種との差をつけてきました。

スバル新車発売予定 1年に1台のハイペースで登場させる計画

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

ただ、

その間にもヴォクシーなどの
ライバル車種がフルモデルチェンジを
重ね今ではミニバンでは

首位の座を奪っていきました。

これを元祖ミニバントップの
セレナが黙っているはずがありません。

そこで、

今回はセレナ新型2016を見ていきます。

新型セレナの通常モデルでは
スマートシンプルハイブリッド
というのを採用しています。

これはエンジン内部の
見直しをすることによって、

燃費の向上を図ったものです。

このシステムとは別に、

新型エクストレイルに
搭載されている
ハイブリッドシステムが搭載されます。

ヴォクシーは
フルモデルチェンジによって
ハイブリッドシステムが搭載されているので、

それをライバル視しての搭載となります。

気になるのは燃費ですが、

ライバルである

ヴォクシー・ノアハイブリットの
23.8km/lを超えることを

目指して開発しています。

ちなみに

ヴォクシー・ハイブリッドの
エンジンが1800㏄で、

新型セレナに搭載予定の
エンジンが2000㏄なので

高速走行ではセレナの方が優位に立っています。

そして何といっても、

今回の目玉となるのが
自動運転の搭載です。

この自動運転では、

クルーズコントロールで

設定した速度の

アクセル・ブレーキ制御と、

ハンドル操作を完璧に
セレナがやってくれます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

また、

渋滞時のハンドル操作、
アクセル、
ブレーキの自動運転に
関しては国産車では初めてとなっています。

これで渋滞時のイライラが
軽減されるようになっています。

この自動運転の技術は、

「パイロットドライブ」

という名称がついており、

現時点では

「パイロットドライブ1.0」

となっています。

これが2018年には

「パイロットドライブ2.0」

と名称が変更になり、

危険回避や車線変更を
自動で行う複数レーンでの
自動運転に進化します。

現段階では単数レーンでの
自動運転なので、

それが複数レーンに対応するということです。

そして、

2020年には
「パイロットドライブ3.0」となり、

ドライバーの操作なしで、

十字路や交差点の横断や

信号停止・
自動合流・
自動分岐・
インターチェンジ走行が可能になります。

気になるのは発売日ですが、

ガソリンモデルの新型セレナは
8月下旬に発表予定となっています。

また、

一番気になるのはセレナ2016価格ですが、

こちらは300万円以下と発表されています。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク