セレナ 新型 カタログ モデルのグレード

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆セレナ、日産の主力車種

1

国内自動車メーカーの一つである日産が製造・販売しているミドルクラスミニバンで主力販売車種となっているのがセレナです。

セレナは主に子育て世代に人気のミニバンとなっており、ミニバン販売台数1位を獲得するほど人気を博しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆セレナの人気の理由

3

人気の理由は5ナンバーサイズによる日本の道路事情に合った取り回しの良さ、両側スライドドアによるお子さんの乗り降りや開口口の広さによる乗降性、ハイブリッドシステムを搭載したモデルの展開による燃費性能の良さ、男性ユーザーから特に人気のオーテックジャパンによるチューニングされたライダーグレード及び専用パーツ装着によるスポーティモデルのハイウェイスターなどが人気の理由となっています。

セレナは販売歴史が長いミニバンの一つであり、初代モデルであるC23型セレナが登場したのが1991年となっており、登場時のスタイルが典型的なセミキャブオーバーのボディスタイルを採用していました。構造はボンネット内にエンジンはなく、運転席下に搭載されキャブオーバー構造となっています。また駆動方式はハンドリング性能やロードホールディング性能に重きを置き、設計されたため、歴代セレナでも唯一FRレイアウトを採用したモデルとなっています。2代目のC24型セレナより今のミニバンスタイルである2BOXタイプのボディとなりました。また、この2代目よりFRレイアウト式からFFレイアウト式の駆動方式となり、FRレイアウトでは不利であった室内空間の狭さを改良したモデルにもなっています。

◆3代目C25セレナ

5

3代目のC25型セレナはミニバン販売台数1位を獲得するほど人気のミニバンの一つとなったのが最大の特徴です。ライバル車にはない重厚感のあるエクステリアにシートアレンジ性、見切りの良いボディによる運転のしやすさ、専用パーツ装着のハイウェイスター・ライダーの内容が好評となったのが大きな理由となっています.そして、現行モデルであるC26型セレナは歴代セレナには なかった初のハイブリッドシステムを搭載しました。また、搭載されるハイブリッドシステムはシンプルな構造とする事で、ハイブリッド車に必須な大型バッテリーを非搭載することで室内空間を犠牲にする事がないパッケージングが人気を博しています。

そして、このC26型セレナは2016年の秋にモデルチェンジが行われる予定となっており、セレナ新型カタログモデルが登場する時期となっています。ディーラーによってはカタログが準備されつつあるので、新型セレナが気になるユーザーは最寄りのディーラーにてカタログ情報を確認する事をお勧めします。

◆セレナ新型 動画

◆管理人のぼやき
1

新型セレナは日産から久しぶりに発表されたニューモデル。セレナは2016年で25周年になるのだとか。歴史を感じる。管理人も一時期、セレナに乗っていたこともあり、九州やら、北陸やらに家族でいったことがある。あの時は6人に行ったんだったか。親父さんがおならしまくって臭かった記憶がある。そんな話はさておき、さらに室内空間が広くなった新型セレナ。もちろん、ハイウェイスターの設定もされており、より洗練されたデザインへと仕上がっている。

なんといっても新型セレナの”ウリ”は自動運転システムが搭載されていることだろう。特に渋滞時の走行においてセレナ自身が判断してストップ&ゴーを繰り返してくれるのだから、負担軽減もかなりなもの。新型セレナは『ライダー』の設定もあるから、 もっと走りを楽しみたいって人にはお勧めのモデルだなっ!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク