セレナ 新型 画像 ついに公開される!

6

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆セレナの歴史

3

国内自動車メーカーの一つである日産が製造・販売しているミドルクラスミニバンが日産セレナです。セレナの販売歴史は長く、現行モデルであるC26型セレナは4代目にあたり、登場も2010年と販売が始まってから6年目となっています。

歴代モデルにおいては初代登場時である1991年のC23型から始まり、初代モデルの最大の特徴がキャブオーバー構造のFRレイアウトを採用した点にあります。ハンドリングとロードホールディング性を重視した走行安定性能にも着手したモデルでありました。

2代目より現行モデルに通ずるボディ形状に駆動方式もFRレイアウトからFFレイアウトを採用し、室内空間を拡大させたモデルと
なりこのモデルより両側スライドドアとなっているのも特徴の一つです。

スポンサーリンク

◆セレナ3代目はスタイリッシュに。

11

3代目におけるC25セレナはスタイリッシュなデザインに同クラスの他社モデルと比較した際に最大のロングホイールベースとっているのが特徴でロングホイールベースが長いことからも室内空間は広くカスタムカーであるライダーモデルの設定やハイウェイスターの設定も人気を博したのも特徴的です。

そして、現行モデルであるC26型セレナは歴代モデル初のハイブリッド車の設定を行った事もあり、日産の主力販売モデルの一つとなりました。

また、ハイブリッドモデルながらもシンプルなハイブリッドシステムを搭載する事で、ハイブリッド化による室内空間の犠牲はなくガソリン車と同様の室内空間を有しているのも特徴の一つです。この為、燃費性能に優れ、かつ広々とした室内空間は人気を博しています。

そして、この人気モデルであるC26型セレナが今年の秋口にフルモデルチェンジが予定されており、型式もC27型セレナとなります。日産よりセレナ新型画像も発表されたこともあり、車体画像を見るとC26型セレナをよりスタイリッシュなデザインとなっているのも特徴の一つです。

◆セレナ新型のハイブリッドシステム

3

また新型車ならではの本格的なハイブリッドシステムを搭載したモデルも用意されるなど、様々な面において改良されており期待できるモデルとなっています。また、C25型及び26型において好評だった取り回しの良い5ナンバーサイズのボディはC27型セレナにおいても継承されており、子育て世代には嬉しいサイズとなっています。人気グレードの一つであったハイウェイスターの設定もあるなど、既存のセレナユーザーにも嬉しい設定となっているのも乗り換え時の高評価に繋がります。

◆セレナ新型 動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク