セレナ 新型 自動運転 搭載で事故は大丈夫か?

8

≪スポンサーリンク≫


◆日産の自動運転技術

2

近年、

車の自動運転システムの開発が進み、

実際に運用しているケースも
多くなってきました。

それに伴い、

事故の心配なども増えてきています。

キューブ 新型 2016 値引き 交渉 20万円から25万円を目標設定に。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新型セレナには、

自動運転システムが
装備されることになっていますが、

事故については、
大丈夫といえるのでしょうか。

セレナ新型自動運転システムは、

主に高速道路での用途と
いわれています。

前の車への追突防止のための
自動ブレーキや、

渋滞時のブレーキ操作が
頻繁に必要になるときの支援や、

車線に合流するときの支援など、

幅広い面で運転手を
サポートしてくれるといえます。

特に、

カーブが続く道の走行では、

人の感覚も鈍り、

的確な判断を誤ってしまう
可能性もあります。

◆自動運転に頼らない走り

4

また、

そのような運転を続けることは、

運転手にとって、

かなりのストレスとなりますから、

自動運転システムが
支援してくれることで、

かなり心強いといえるでしょう。

ただし、

現段階では、

完全な自動運転というわけではないので、

あくまでも、
人が運転するための
サポートシステムと
とらえておくべきといえます。

完全に、

機械まかせになってしまうと、

防ぐことができるはずの
事故も防ぎきれなくなってしまう
可能性もあります。

ですから、

自動運転システムは、

今後、

どんどん進化していくものですので、

そのシステムを利用する人も、

上手に利用することが
大切といえるでしょう。

新型セレナに搭載予定の
このような便利なシステムは、

運転手の負担を軽減する
目的で作られたものです。

ですから、

そのシステムが結果的に
事故を誘発するようなもので
あっては困ります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆完全自動運転は未来の乗り物

7

ただし、

自動という言葉が持つイメージが、

その人によって異なると、

まるで、

自動車に乗ったら、

眠っていても目的地に
到着することができる、

などと解釈されてしまう
危険性もあります。

もちろん、

未来においては、

そのような自動車が
登場するかもしれませんが、

それはまだ、

未来の乗り物として
認識しておくべきでしょう。

現段階での自動という機能は、

あくまでも、

運転手がこれまでよりも、

疲労を感じることなく、

目的地までたどりつくことが
できるように助ける

システムであると
理解しておくことが大切といえます。

人間の判断能力は、

多くのことを瞬時に
状況判断することができるように、

優れたものです。

そのような面では、

機械よりも優れているといえますが、

疲労などにより、

その判断がくるってしまうことも
想定できます。

そのような時に、

活躍してくれるシステムといえるでしょう。

◆セレナ新型 動画

 

 

◆セレナ新型をお買い得に購入する方法

5

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク