セレナ 新型 社外秘 にされてきたこと

9

≪スポンサーリンク≫


◆セレナ新型 人気復活

3

 

セレナは、

日産の車種の中でモデル末期を
迎えた今でもコンスタントに
高い人気を誇ります。

そのセレナが遂に
今年の夏に新型に生まれ変わります。

新車情報2016 外車 国産車 ミドルクラスSUV 人気車種

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

その

セレナ新型社外秘について説明します。

新型セレナの社外秘の中で
1番の目玉情報は何と言っても、

昨年秋に開催された
東京モーターショーで

話題になった自動運転システムです。

その自動運転システムの名称は
プロパイロットという名称です。

◆セレナ新型 プロパイロットシステム

1

このシステムの概要は

フロントガラスのの上部に
装着したカメラで、

前方のクルマ、

レーンマーカーなどを認識し、

その情報をもとにアクセル、

ブレーキ、

ステアリングの自動制御を行うものです。

実走行の動きを例を挙げて見てみます。

設定速度は高速走行
(50Km/h 以上)

と渋滞中走行(50Km/h 以下)の

2パターンにて設定できます。

まず

高速走行時の動きについて説明します。

セット・単独走行では、

セットスイッチにて車速を
設定することによって

プロパイロットがスタートします。

同一車線内で直線走行だけでなく、

カーブ走行時にも

ステアリング制御を行うことによって、

設定した車速で
車線中央付近を走行するように
ステアリング操作を支援することができます。

追従走行では、

同一車線で直線だけではなく、

カーブ走行時でも
設定した速度を上限に、

アクセル、

ブレーキ、ス

テアリングを自動で制御し、

先行車両を追従走行します。

別車線の先行車両が
自車線に割り込んできた場合は、

その割り込み車両を追従走行します。

それに対し渋滞中走行時の
動きについて説明します。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆セレナのプロパイロットの仕組み

4

セット・追従走行では、

高速走行時と同じように
車速を設定し、

同一車線で直線だけでなく、

カーブ走行時においても
設定した車速を上限に、

アクセル、

ブレーキ、

ステアリングを自動制御し、

先行車両を追従走行します。

先行車両が車線変更した場合には、

その前の車両、

先行車との間に車両が
割り込んできた場合には

その割り込み車両を追従走行します。

停止、

停止保持、

再発進では、

先行車両の停車に合わせて
ブレーキをかけて停車し、

車両が完全に停止した場合には
自動的に停車を続け、

先行車両の発信後に

ステアリング内部にある

プロパイロット専用スイッチの

レジュームスイッチを押すか、

アクセルペダルを
軽く踏む操作だけで、

追従走行を再開する事ができます。

新型セレナは、

この高速道路、

自動車専用道路での自動運転を
実現するプロパイロット搭載の
市販車第1号になります。

今後、

2018年に複数車線、

2020年には街中交差点と
進化させるということを

日産はアナウンスしており、

発売が非常に楽しみな1台と言えます。

◆セレナ新型 動画

 

◆セレナ新型をお買い得に購入する方法

6

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク