フォルクスワーゲンゴルフ8 復活なるか!? これからの新戦略

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆VW 回復なるか?

1

2015年9月のディーゼル
不正問題が明らかになって以来、

フォルクスワーゲンの
日本販売台数は10月には

輸入車ブランド3位の
2403台に低迷した。

11月、12月も
前年同月比60%代が続き、

フォルクスワーゲンのの
2015年通年の販売台数はベンツに
1万台以上及ばない

5万4766台

の2位にとどまり、

輸入車販売ナンバー1は
ベンツの手に渡った。

2016年になってからも
フォルクスワーゲンの
日本販売台数は

1月から3月まで前年同月比
70%台が続き、

4月にようやく
2346台(92.0%)を販売。

回復傾向にあるものの、

1月から4月までの
ブランド別の輸入車販売台数では、

1位:ベンツ(21222台)
2位:フォルクスワーゲン(15937台)
3位:BMW(15485台)

とフォルクスワーゲンにとって
ベンツを追うどころか

BMWに猛追される厳しい
状態が続いている。

辛い状況ではあるものの、

明るい兆しも見えてきた5月17日、

フォルクスワーゲンジャパンは

2016年3月に新社長に就任した

ティル・シェア氏の
メディアへの紹介と信頼回復に
向けた新プロジェクトの発表
を兼ねた記者会見が開かれた。

新プロジェクト名は、

『THINK PEOPLE ACTION』。

具体的には
5つの柱から構成されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆5つの柱

2

・より魅力的な商品を提供する

簡単に言えば主力のポロ、
ゴルフ、
ゴルフヴァリアントの

量販グレードの実質的な
カタチを含む値下げと、

ポロのベーシックグレード
『トレンドライン』
(199万9000円)の追加である。

値下げの具体的な例を挙げると、

ゴルフのベーシックグレード

『トレンドライン』は、

ホイールをスチールに替える
仕様変更を含め約16万円値下げし、

249万9000円といった具合だ。

ポロは200万円、
ゴルフは250万円を切る価格設定
というインパクトは十分にあるだろう。

一方で、

5万円程度の値下げと
考えられるゴルフの最上級
グレードTSIハイライン(328万9000円)

では、

メルセデス・ベンツの
A180(326万円)や、

ボルボのV40(324万円)

当たりがライバルになり、

装備こそ上回るが

驚きをもって迎えられるほどではない。

・気軽にフォルクスワーゲンに乗ってもらう

輸入車の購入法王で利用が
増えている残価設定型ローンの
サービス強化を訴える。

フォルクスワーゲンの場合は、

既定のコンディションの範囲
であれば最終的な買い取り額
が以前から保証されている点と、

新たにバンパーとミラーの傷
の補償サービスが無償で
付帯されることが強調された。

前者、後者とも
こういったサービスを行っている
ブランドは少なく、

フォルクスワーゲンに対する
親しみやすさは確実に向上したといえる。

・より安心してフォルクスワーゲンに乗ってもらう

強調されたのは新車購入時に
付帯する24時間体制の
エマージェンシーアシスタンス
の有効期間がこれまでの3年から
5年に延長されたことだ。

輸入車にこの種のサービス
が付くことは多いが、

無料なのは新車から3年まで
というブランドばかりなのを思うと、

フォルクスワーゲンの
エマージェンシーアシスタンス
の安心度は高い。

◆より身近に体験できる

3

フォルクスワーゲン車は
愛知県三河港で陸揚げされるが、

出荷前点検や
パーツボディなどの機能を持つ

フォルクスワーゲングループジャパン
の豊橋本社は港に直結している。

その見学ツアーの実施や
興味ある車種の3週間の
ロングモニターを始める。

輸入車ブランドで自社の
基幹施設の見学を受け入れているのは、

フォルクスワーゲン以外では
ベンツの豊橋VPCくらいしかなく、

価値は高い。

モニターのほうも
モニター自体がないブランドも
あるうえに、

長くても一泊二日程度
というのがほとんどである
ことを考えれば、

3週間も『自分に合うか』
を考えさせてくれる
フォルクスワーゲンの
ロングモニターは実に良心的だ。

・オーナーの絆を尊重

フォルクスワーゲンのユーザーが

気軽に相談や質問ができるような
窓口的な存在である、

”オーナーボイス委員会”の
開設と、

これまでも限定的に
実施されていた愛車に対する
アドバイスなどを全国の
ディーラーで行う

”フォルクスワーゲンクリニック”

の展開を発表。

”オーナーボイス委員会”

は未知数な印象を強く受けるが、

オーナーへのアドバイスは
購入後の地道なケアの1つとして
評価できるだろう。

◆フォルクスワーゲンのまとめ

4

今回発表された

『THINK PEOPLE ACTION』

の内容は誠実な商品戦略や
顧客対応を積み重ねながら
信頼を回復するという、

フォルクスワーゲンの
もつ堅実なイメージにも
通じるものだろう。

クルマ自体は申し分ないだけに、

ユーザー本位の姿勢が伝われば、

フォルクスワーゲンが信頼を回復し、

再び輸入車トップブランドとして
返り咲く日は近いかもしれない。

◆ゴルフGTI 動画

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク