フォレスター 値引き 2014 新型モデルと比較

スポンサーリンク

◆国内の販売状況は苦戦

1

最近の車の販売状況ですが、
日本国内においては

少し苦戦している様子で
理由としては現在の日本の状況としては

インフレ傾向にあり国民が物価が
高くなることについては

不慣れな点があるためなかなか
高級品を購入することができない点があります。

さらには、

現在の日本国内の状況においては
人件費が高騰していることにより、

どんどんと物価が上昇していくような
状況にある点と、

さらには円安の影響により輸入品
である部品がどんどんと

高騰している点や海外で生産する際の
現地での人件費が上昇している点により

自動車の販売価格に対しても

上乗せされるような状況になっています。

スポンサーリンク

◆平均年収に左右される新車事情

2

このような状況の中でサラリーマンの
平均収入は毎年増加しない傾向で

横ばいかもしくは少し下降気味であるため、

購入する際にも非常に困難な状況になっています。

このような点から車を購入するためには
現在の価格は高いと感じることがあります。

そこで、

現在の自動車販売に関しては
少しでも安く購入することが大切になってきます。

ここで、

フォレスター 値引きを例にとって、

少しでも安く購入するための交渉術
について説明していきます。

現在のフォレスターの価格は

旧型モデルと新型モデルと
比較することでより安く購入する方法があります。

現在出ている新型モデルにおいては
燃費性能が良くなっている点と、

より安全な設計がされている点から

機能がどんどんと高機能化されています。

ここで、

この機能がどんどんと
増えていくため販売価格が
上昇している点があるのですが、

このように新型モデルと

旧型モデルとの仕様を比較することで
新型モデルの方がよくなってくることから、

機能差を利用することで旧型モデルの方が
機能が劣っているため

その分の価格をしっかりと安くする
交渉材料とすることができます。

さらには、

現在の販売価格に対しても
安全機能が旧型モデルの方が必ず
少なくなってきており精度も劣っているため、

より価格を安くするための交渉材料ともなります。

 

スポンサーリンク

◆購入タイミングが値引きを決める

3

そして、

販売価格を安くするためのもう
一つの交渉材料としては販売店の
ノルマが決められている決算時期に
購入タイミングを持ってくることで、

販売店は売り上げノルマを決算時期に
持ってくることがあるため、

ノルマを達成するためにも販売価格を
安くしても良いというスタンスに変わるため、

値引き交渉がしやすくなります。

さらには、

他店の販売価格を比較することで
より安い店舗を選ぶこともできますし、

合い見積もりによりさらに
値引きしてもらうことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク