スイフト 新型 2016年発売予定が見えてきた。注目は新開発の1Lマイルドハイブリッド

6

≪スポンサーリンク≫


◆走りがかわった

1

スズキの走りを買えた
と驚かれたのが2004年登場の先代モデル。

2010年にデビューした現行モデルも
その正常進化型として変わらぬ
高評価を獲得し、

欧州てイストの走りが楽しめる
コンパクトカーとして
確固たる地位を獲得した。

そのスイフトの
フルモデルチェンジがこの秋
にも行われる。

まずはベースモデルとRSが登場し、

2017年春にスイフトスポーツ
が発売になるスケジュールである。

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆新型スイフト 4代目の評価は?

2

4代目となる新型は、

プラットフォームもエンジンも
新開発ユニットを採用する
オールニューモデルである。

ソリオで初めて採用され、

100kgもの軽量化を実現した
プラットフォームが次期スイフト
にも使われる。

車重は900kg前後となり、

最も軽いものでは800kgの
グレードも期待できるらしい。

これだけ軽ければ
当然走りは軽快だろうし、

低燃費にもつながる。

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆新型スイフトのエンジン

3

エンジンは多岐にわたる。

ここにきてスズキは登録者の
ニューエンジンを次々に投入
しており

選び放題となっている状態だが、

最新情報では
次期スイフトから投入される
新エンジンがまだあるという。

それは3気筒、
1Lのマイルドハイブリッド。

今、スズキは4気筒、
1.2Lのマイルドハイブリッドを
ソリオとイグニスに採用。

そのマイルドハイブリッドと
ほぼ同様のシステムとなる

Sーエネチャージを軽自動車
に採用するが、

なんと次期スイフトでは
新たに3気筒のマイルドハイブリッド
が搭載されるというのだ!

まだ確実度100%ではないが、

信頼できる情報筋から出ている。

スズキが1Lのマイルドハイブリッド
を開発している可能性は相当高い。

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆新型スイフト 1Lマイルドハイブリッド

4

この1Lマイルドハイブリッド
を搭載するのは次期スイフトの
ベースグレードで、

そのほかに4気筒、

1.2Lのデュアルジェット
NAエンジンが用意され、

この2種類のエンジンが
搭載されることになる。

また、

次期水ふいとで注目されるのは、

人気グレードのRSに力を入れることだ。

もともとは
特別仕様車だったRSだが、

欧州仕様のサスペンションが
高い評価を得てカタログモデルに昇進。

通好みのスポーティコンパクト
として人気を博しているモデルである。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆新型スイフトのエンジンラインナップ

8

次期型では
ベースグレードとは異なる
エンジンラインナップを設定する。

現在、

バレーノに搭載されている3気筒、

1L直噴ターボをRS専用エンジン
として用意し、

また、
4気筒の1.2Lの
ストロングハイブリッドも
ラインナップ。

ベースグレードとは
明らかに違うモデルとして
存在していくことになる。

1L直噴ターボは
111ps/16.3kgm

JC08モード燃費は20.0㎞/L

スイフトのRSでも同等の
スペックとなりそうだが、

RSというスポーツグレードの
エンジンということで、

120ps近くまでパワーアップ
してくるかもしれない。

一方の
1.2Lスイフトストリングハイブリッドは、

32.0㎞/Lの燃費数値を目標に
しているという。

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆次期スイフトスポーツスペック

5

最後に遅れて登場する
スイフトスポーツだが、

こちらも新開発の4気筒、

1.4L直噴ターボが搭載される。

海外仕様のエスクードに
積まれているエンジンで、

国内仕様では
スイフトスポーツが第一弾である。

150ps/23.0kgm前後の
スペックとなり、

6速MTと6速ATが組み合わせられる。

900kgの軽量ボディで
走りはかなり期待できるだろう。

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆激戦区の欧州で人気
1
超激戦区の欧州Bセグメント市場。

オセアニアやアジア市場では、
成功しているスズキの世界戦略車
としての位置づけもあるスイフト。

スイフトはひとめでわかる
キープコンセプトを持っており、

特にU字型モチーフである、
フロント部分や、

大型のヘッドライトで、
従来型のモデルよりも存在感を
アップさせている。

2011年には

RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、

世界累計販売台数は400万台を突破している。

◆主要スペック(スイフトRS)

7

全長:3900mm
全幅:1695mm
全高:1500mm
ホイールベース:2430mm
車重:900kg
エンジン:直3、1LDOHC直噴ターボ
最高出力:120ps
最大トルク:16.5kgm
ミッション:6MT/CVT
駆動方式:FF
JC08モード燃費:20.0㎞/L
価格:160万円

◆新型スイフトをお得に購入する方法

6

→ 最新の値引き交渉術で新型スイフトをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク