新型セレナ プロパイロット 自動運転搭載で300万円以下に抑えたい。ストロングハイブリッドモデル登場も。

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆新型セレナ 売れそうな予感

11

セレナな日産の国内市場での
ドル箱モデルである。

大事に、
大事に育てられてきたわけだが、

8月24日に5代目にフルモデルチェンジされる。

軽自動車が主要な今、

日産販売店にとっては
最重要モデルだけに、

絶対に失敗は許されない。

開発者の方々もさぞかし
苦労されたことでしょう。

そのセレナが発売前に公開された。

現行モデルから引き続いての
採用となる2段ヘッドライトと

伝統のシュプールラインを
用いたエクステリアデザインは
スタイリッシュである。

さらに視界と室内空間を
広げたインテリアも期待通りの仕上がりだ。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

◆新型セレナ 開発キーワード
8

『BIG EASY FUN!』

と簡潔。

説明不足と思うながらも
説明をすると、

室内が広く、運転しやすくて

家族みんなが楽しめるというもの。

開発担当者の坂本副社長は、

できない理由を説明する必要がなく、

できた理由を説明できるクルマになった。

と胸を張る新型セレナは
どんなクルマになったのだろうか。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

◆搭載エンジン
7

搭載エンジンは直4、2LのNAと
マイルドハイブリッドで、

どちらもエクストロニックCVT
が組み合わされる。

そのMR20DDエンジンは

高圧縮比化(11.2→12.5)、

新型ベルトテンショナーの採用や、

フリクションの低減、

アイドリングストップ時間の拡大などで

低燃費化を実現し、

マイルドハイブリッドの
JC08モード燃費は現行型の

16.0㎞/Lから

17.2㎞/Lに向上。

NAエンジンも15.0㎞/Lをマークする。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆新型セレナ 最大の目玉

6

最大の目玉はなんといっても
高速道路単一車線自動運転を
実現する、

『プロパイロット』だが、

ほかにも注目の
先進装備が満載なのである。

自動駐車システムの

『インテリジェントパーキングアシスト』

は現在のエクストレイル
に搭載されているものをさらに進化
させたものであるし、

『アラウンドビューモニター』は
自車周辺で動いているものを

検知できるように進化。

また、

雨天や後席の乗員や
荷物が邪魔になる時でも

クリアな視界を確保する

『スマートルームミラー』

も引き続き採用される。

 

≪スポンサーリンク≫

 

◆新型セレナのボディサイズ。
5

3サイズは、

全長:4690mm
全幅:1695mm
全高:1865mm

で5ナンバーボディを維持。

(ハイウェイスターは全幅1740mmで3ナンバー)

それだけに、

室内空間の拡大は『もう無理だろ!?』

と思われるが、

そこもしっかりとやってきているのだからすごい。

室内長は現行型よりも
180mm拡大された320mmとなり
クラストップを確保。

また、

人間工学の研究を重ね、

室内は

『広く見え、広く感じる造型』

に拘っており、

数値以上の広さを実感できる、

なおシート配列は

2-3-3の8人乗りのみとなる。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆新型セレナの今後について

4

2LのNAとマイルドハイブリッド
で登場する新型のセレナだが、

2017年2月~3月ごろには

3気筒、1.2Lエンジンを充電専用
として使う

ストロングハイブリッドも登場。

情報筋によると、

現在でもJC08モード燃費で
25㎞/Lをクリアしているが、

発売時には26㎞/L
目標にしているという。

どちらにしても、

このクラスのミニバンとしては
驚異的な低燃費だ。

気になる方は半年ほど
我慢してこちらのデビューを
待ってもいいだろうが

2Lハイブリッドよりも
高価になるのは確実だろう。

日産によると、

プロパイロットを標準装備する
グレードでも車両価格は、
300万円以下に抑えたいとのことで、

2LNA&ハイブリッドで

250万円~300万円と予想。

発売は8月24日、もうすぐだ。

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆主要スペック

3

全長:4690mm
全幅:1695mm
全高:1865mm
ホイールベース:2860mm
最低地上高:160mm
車両重量:1680kg
エンジン:直4DOHC+モーター
総排気量:1997㏄
最高出力:150ps/6000rpm
最大トルク:20.4kgm/4400rpm
モーター出力:2.6ps/4.9kgm
JC08モード燃費:17.2㎞/L
トランスミッション:エクストロニックCVT
価格:250万~300万円

→ 最新の値引き交渉術で新型セレナをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク