フリード フルモデルチェンジ 口コミ シエンタと比較

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆新型フリードとシエンタ
4

現行トヨタ戦略の燃費を
意識し過ぎた空力特性が居住性を
奪っていると言っても過言ではありません。

アクアの後部座席の
天井高を
あなたは体験しましたか?

長時間大人が乗る車ではありません。

→ 最新の値引き交渉術で新型フリードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

ホンダ フリード 新型 内装 シエンタ意識しすぎなミニバン勝負

販売台数も伸び口コミでも
問題視されないのは
不思議です。

シエンタも旧型からは
改善はされましたが

現行フリードの居住性は
シエンタとの比較で完全に勝っています。

最近のトヨタの傾向ですが

シエンタも万人受けする
デザインでないのが今後、

ネックになるでしょう。

スポンサーリンク

◆新型フリード登場で・・・
3

フリード モデルチェンジで
登場する新型でも

ホンダは「ちょうどいいサイズ」

優位性を重視し室内高を
下げることはない
でしょう。

思い出してください。

ばか売れしていた

初代オデッセイのモデルチェンジで
自己中心発想で消費者から
そっぽを
向かれました。

燃料タンクの形状を変える
技術に自己陶酔し室内高を
維持し車高を下げ、

消費者が求めるワゴンから
ベクトルを
違う方向にして
しまったことによる失敗です。

こうした反省を忘れず

国内インフラを考慮した
5ナンバーの車幅

7人乗り

従来ワゴンより
全長を短くし回転半径を
小さく小回りの利く車にしている

優位性をフリード モデルチェンジでも
踏襲するのは
明らかです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

スポンサーリンク

◆新型フリードの問題点
2

フリード モデルチェンジでの
問題は燃費です。

国内販売の車種選択理由に
燃費の良さは絶えず上位にあります。

地球環境に関心があると思われたいのか

ガソリン代を節約したいのか
理由は人それぞれかもしれません。

しかしながら燃費について
言えばトヨタは
唯一国内メーカーで

大型車から小型車まで
幅広くハイブリッドで燃費を稼いでいます。

このように
ハイブリッドシステムで
優位性を誇るトヨタは

シエンタで27.2km/リットル
たたき出しました。

現行フリードは21.6Km/リットル
シエンタとの比較になりません。

現在はホンダも
モーター自走可能な技術を
商品化し
燃費を伸ばしていますので

フリード モデルチェンジ発表で
27.5~28.0Km/リットル以上
あることは絶対必要です。

フォルクスワーゲンなどの
進めたダウンサイジングでは
消費者の琴線にふれないのは
ステップワゴンで明らかです。

この数値を達成しないと

前述した

「何故アクアが売れるの??」同様

居住性が劣っても世界のトヨタに

このカテゴリーでも
負けてしまうでしょう。

フリードのエクステリア

居住性は優れており

新型でも踏襲するでしょうから

ハイブリッド燃費を
優位にすること

見直すことが後発のモデルチェンジの使命でしょう。

◆新型フリード 公式動画

◆管理人のぼやき

1

新型フリードがすでに先行予約
が始まっている。

発売は9月になるということだが、

新型のセレナに先に出せない
というのは少し痛い話だろう。

フリードの特徴はその室内空間にある。

シエンタとの比較でも
室内空間、居住性は勝っているのだから、

あとは燃費問題をどうするか。

口コミでの話だが、

グレイスでは燃費が40㎞/L近く
行ったという例もあるらしい。

最近のホンダは走りに重きを
置いているような感じがあるが、

燃費競争でも十分に勝てる
技術があるのだから、

両軸で開発を進めてほしいものだ。

→ 最新の値引き交渉術で新型フリードをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク