GTR 新型 価格1170万円出すなら、ポルシェ911を買うって人いるだろ?

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

スポンサーリンク

◆GT-Rは日本の宝。
1

GT-R2017年モデルが
7月11日正式に日本国内で発表された。

変更点の概要については以下の通り。

・ボディ剛性、
サスペンション剛性などを
徹底的に磨き上げる。

スラロームテストでの通過車速40%アップ。

→ 最新の値引き交渉術でGTR2017年モデルをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

・エクステリアでデザインの変更は
空力性能の追求の結果。

GT-R NISMOで得た知見を生かした
ボディ形状を採用する。

・気筒別点火時期制御を採用するなど
より緻密で高精度なエンジン
燃焼制御を採用

・最高出力は20psアップの570ps

フロントマスクを中心に
エクステリアが変更され
ずいぶんと印象が変わったことに加え、

エンジンは570ps/65.0kgm
へとさらにパワーアップ。

ボディ剛性をさらに高め、
操安性能を引き挙げている。

価格は最安の
ピュアエディションが

996万840円で、

2015年モデルに対して

48万3840円のアップ、

ブラックエディションは
1186万9200円の+146万8800円、

プレミアムエディションは
1170万5040円の+111万7800円。

このお値段だと、

『ポルシェも変えるんじゃないか?』

と思う人もいるだろう。

GT-Rは間違いなく日本が誇る
至宝なのだが、

一方で世界に名だたる
ポルシェ911に乗りたいのは
クルマ好きの正直な気持ちだろう。

通ならば911カレラを選ぶだろうか・・・。

実際、GT-Rはすごいと思う。

アウトバーンでも300㎞/h
出すこともできる。

同じことをポルシェでやろうとしたら、、

911カレラでは太刀打ちできない。

911ターボGT3の領域。

お値段は2500万円

しかも、

GT-Rよりもシビアな
ドライビングが要求される。

しかし、

ポルシェには
パフォーマンスだけでは
語ることができない歴史に
裏打ちされた魅力があるのも事実で、

その部分で1200万円で
新たにクルマをかうことができる
のであれば、

911カレラを選びたいところだ。

さらに、

718ケイマン/ボクスターは
600万円台から。

ケイマン/ボクスターは
コスパでいったら最高のモデル。

サーキットのラップタイムや
動力性能ではGT-Rにまったく
敵わないが、

運転する愉しさは存分に味わえる。

スポンサーリンク

◆エクステリアデザイン
3

フロントマスクが大幅に
変更されたのとは対照的に、

リアスタイルは大きく変わった
印象ではない。

だが、

バンパー下部のディフューザーや
塗り分けラインの変更などにより、

よりワイドな印象に。

 

≪スポンサーリンク≫

 

スポンサーリンク

◆インテリアデザイン
4

インテリアでは
パドルシフトが
ステアリングコラム固定
からステアリングホイール
とともに回転するタイプに

変更されたのが機能面での
大きな変更点。

ナビ画面は7インチから
8インチに拡大。

内装色も新色が設定された。

価格については
それぞれのモデルで
かなりのアップとなっている。

内容的に大幅な進化が
加えられており、

ボディ剛性の引き上げによる
操縦安定性能のさらなる
レベルアップ、

エンジンでは気筒別点火時期制御
の採用による高度な燃焼
コントロールにより

最高出力570ps、
最大トルク65.0kgmへアップしている。

◆GTーR 2017モデル 動画

 

◆管理人のぼやき
5

待ちに待った新型GTーR。

事実上、

この2017年モデルが最後の
マイナーチェンジといえるだろう。

次期型はフルモデルチェンジして
2020年までには登場の予定だ。

フルモデルチェンジ並みの
改良を施してきたGTーR。

管理人の会社の同僚も

『今回のGTーRには日産の想いが詰まっている』

と興奮しながら話していたのを思い出す。

ニスモバージョンの登場は
8月ということだが、

パーツの共有が追い付かない
ということで、

一旦中止になっていたが、

あらためて販売がスタートされる。

部品は日産で製作をしている
らしく、

一つ一つが手作業とのことで、

どうしても遅れてしまうのだ。

価格については、
名車ポルシェ911とそれほど変わらない。

GTーR:1170万円

ポルシェ:1244万円。

ほとんど変わらない金額だけに、

『だったらポルシェ買うわ』

と思ってしまいがちだが、

日産の意思が込められた、

この新型GT-R。

2016年モデルを出さずして

2017年モデルを出してきた
ということの意味をくみ取ってほしい。

→ 最新の値引き交渉術でGTR2017年モデルをさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク