アクセラ新型 評価 Gベクタリングがいい仕事をしている

3
スポンサーリンク

◆新たなる船出
4

マツダは7月14日、

ビッグマイナーチェンジを
施したアクセラを発表した。

改良の内容はあらゆる領域に
わたっているが、

まず、

挙げたいのがディーゼル。

これまでの2.2Lに加え、
CX-3やデミオと同じ

1.5Lディーゼルを追加し、

ディーゼル車の拡充を図る一方で、

2Lガソリン車が廃止された。

この1.5Lディーゼルは
5ドアハッチバックの
アクセラスポーツに設定。

最高出力は105psと
デミオと同じもの、

最大トルクは27.kgmで、

デミオのMT=22.4kgmに比べて
トルク重視のモデルだ。

JC08モード燃費は

アクセラスポーツ1.5Lディーゼルが、

21.6㎞/L、

デモ1.5Lディーゼルが

26.4~30.0㎞/Lである。

1.5Lディーゼルの価格だが、

15XDの230万3640円から、

15XD Lパッケージの268万9200円

2.2Lディーゼルの最安値は
22XD プロアクティブの278万1000円だから、

よりディーゼルが身近になったといえるだろう。

また、

最大のトピックスと言える
G-ベクタリングコントロールを

HV車を除く全モデルに採用。

これは、

エンジンの駆動トルクを変化
させることで、

タイヤの接地荷重を最適化して、

スムーズな車両挙動を実現する
世界初の技術。

また、ディーゼルエンジンには、

ナチュラルサウンドスムーザー
(周波数帯3.6kHz付近のノック音を減衰されるダンパー)

に加えて新技術の
ナチュラルサウンド周波数コントロールを採用。

これは燃焼噴射タイミングを
0.1ミリ秒単位で制御して、

1.3kHz、
1.7kHz、
2.5kHz付近で発生する

ノック音を低減するというもの。

エンジンのトルク応答をより
緻密にコントロールする技術や

DE精密過給制御も同時に
投入してドライバーの意思に
沿った一体感のある走りを目指した。

安全面ではアクティブドライビング
ディスプレイの視認性を改善したほか、

そのディスプレイに速度標識を
表示させる交通標識認識システムkを
採用した。

また、

これまで上級モデルにしか
用意されなかったアダプティブ
LEDヘッドライトも設定した。

外装は一見変わっていないように
見えるが、

フロント、リア周りのデザインを変更。

ボディカラーは金属の質感を
表現した

新色マシーングレープレミアム
メタリックを加えた。

マツダの今年1~6月期の
新車販売は前年同期比22%の減。

このアクセラが復活への
カギとなるのか?

スポンサーリンク

◆新型アクセラのポイント
3

・エンジンでシャシー性能を高める
Gベクタリングコントロールを
HV車以外に標準装備

・2.2Lディーゼルエンジンに加え、
1.5Lディーゼルエンジンを追加

・ディーゼルエンジンの精密な
過給制御とノック音自体を制御し
心地よいサウンドを追求。

・エクステリア、インテリアを小変更

・衝突軽減ブレーキに歩行者検知機能追加

スポンサーリンク

◆新型アクセラスペック(15XD)
2

全長:4470mm
全幅:1795mm
全高:1470mm
ホイールベース:2700mm
車重:1360kg
エンジン:直4DOHCディーゼルターボ
排気量:1498㏄
圧縮比:14.8
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:27.5kgm/1600-2500rpm
JC08モード燃費:21.6km/L
価格:230万3640円

◆新型アクセラ 動画

 

◆管理人のぼやき
1

新型アクセラがやっと
登場した。

注目は1.5Lディーゼルだが、

やっぱりディーゼルがいいと思うのは、

トルクが強く、
経済的ということ。

管理人的には、

アクセラってこんな高いの?
と思ってしまったがね。

(カタログ価格を参考にしているので)

人馬一体という言葉をよく
使っているけど、

人車一体にしたほうがいいかも
しれんよ。

馬じゃあるまいし。

それでも車と人が
一体になっている感は、

十分に感じることができる。

スポーツワゴンタイプでも
セダンタイプでも、

出だしのトルク感もよいし、

コーナーのライン取りも
意外と思ったところに取れる
ところに驚きがあった。

以前からマツダの車には
乗りたいと思っており、

ちょうどその機会があったので
少しだけ紹介してみた。

これくらいのタイプの
クルマがちょうどいいなぁ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク