マツダ新型CX3。ベストカーでの評価は?

c4

≪スポンサーリンク≫


デミオをベースとした
コンパクトクロスオーバーSUVのCX3。

ロサンゼルスモーターショーで
その全貌が公開されたわけですが、

クルマ雑誌の
『ベストカー』でも
かなり評価は高いみたいです。

気になりさらっと読んでみましたが、
超激戦区のコンパクトSUV市場に
出してくるということは
そうとうな自信作なんだと
考えられますね。

新世代マツダ車の中でも
CX3は魂動をもっとも
スタイリッシュにしたもの。

CX5、アクセラとはまた違った
シャープでスポーティな
プロポーションを実現しています。

マツダの関係者も

「洗練された美しいデザインを
追求しながら『魂動』を最も
スタイリッシュに表現したもの」

それがCX3だと話をされています。

CX5以降のマツダ車の中でも
エクステリアはかなり
拘ってデザインしたと、
強調しています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

インテリアについて

インテリアでは空間造形の
統一感や素材の質感を重視
しており、

デミオと同じく

ドアストリームのアームレストや
センターコンソールのニーパッド
に取り入れたアクセントカラーの
ダークレッド、

金属を削りだしたかのような
シャープな造形を見せる
インナーハンドベゼル

などのパーツの質感は高いです。

メーターフードには
ソフトは表革巻を採用し、

前縁部分のステッチとともに、
上質感を演出。

ピュアホワイトの
レザーとオフブラックの
ラックススエードなど
異なる素材を組み合わせた

コーディネートは、
ベースとなるデミオと
同様のものです。

1.5L排気量の
クリーンディーゼル採用

CX3に搭載されるのは、
デミオでも搭載されている
1.5Lクリーンディーゼル
スカイアクティブ-D1.5です。

スペックはデミオと同じですが、
最高出力105ps、
最大トルク25.5kgm

でデミオではJC08モード燃費で
30.0㎞/Lを達成。

CX3はそこまでとはいかず、
24.0㎞/Lほどと予想。

国内市場ではこの1.5Lエンジン
での販売となりますが、

北米市場では、
2.0Lエンジンが搭載されます。

日本での2.0Lエンジン販売は
今のところ未定です。

ライバルは?

1.6LDIGターボのジューク、
ホンダヴェゼル

となるとベストカーでは
発表されています。

燃費性能ではヴェゼルの圧勝、
運動性能では、ジューク

に軍配が上がるでしょう。

CX3はこれらにどう立ち向かうのか?

大きなポイントとなるのは、
皆さんが気にする

価格

ではないでしょうか?

ジュークが2wdで約175万円
これは一番下位のグレード、

ヴェゼルは

ガソリン車で約195万
ハイブリッドで約225万

となり、

CX3はそれに対抗してくるのでは?

という見方がされています。

だいたい、ですが、

220万~
上級グレードで250万円、か?

販売台数では、
ジュークは月1200台、
ヴェゼルは月平均6700台。

ここにどう食い込んでいけるか?

2015年1月が楽しみですね!

>>>その他マツダ新型CX3の関連記事はこちらへ!

 

あなたの愛車は今いくら?

>>>楽天の愛車一括査定!

スポンサーリンク

スポンサーリンク