新型車情報 噂のFF車を新型で買うよりも、今が買いなFF中古車ランキング

8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク

◆新車はちょっと手が出しにくい

お金があったら乗ってるわ!

と思っている方もいることだろうが、

安く乗れる!

しかも後輪駆動の良さも味わえる

車種を見つけました!

現在世界最高の
ロータリーエンジン搭載車に
なっているRX-8.

スポンサーリンク

◆ロータリー最強RX-8
1

ロータリーといえば、

RXー7も充分ありだが、

もはやFD型の最終モデルでも

15年選手であり、

これからは維持費の高騰が
予想される。

そうなると候補に挙がるのが
RX-8である。

そして絶賛すべきは、

そのハンドリングで
FRスポーツとして抜群の
ポテンシャルを持っている。

お子さんが小さければ、

家族4人で充分に使える。

予算があるならMC後が望ましいが、

価格が安いMC前の個体に
手を加えながら楽しむのも面白い。

グレードは

ハイパワーエンジン+6MTの

タイプSかRSがおススメ。

相場:80万~150万円

スポンサーリンク

◆NC型ロードスター
2

NC型ロードスターは
現行の一台前のロードスター。

NAやNBも名車ではあるが、

これもコンディション維持を
考えると気軽に乗れるのは

NCだったりする。

ロードスターらしさは
スポイルされてはおらず、

『一発』の速さの現行より
上と言える。

2L、NAエンジンを搭載し、

全幅は3ナンバーサイズとなり、

2代目とさほど変わらない
車重を実現している。

マイナーチェンジ後の
選択であれど、

グレードは可能であれば
ワンメイクレースに出られる
という特典もあるNR-Aを選びたい。

相場:90万~200万円

◆S2000
3

S2000はいうまでもなく
ホンダのスーパーピュアスポーツFR。

NAでここまで刺激的な
FRスポーツはこれからも
そうそう登場しないはず。

9000rpmのレブまで
パワーが追従する名機F20C
に乗りたいなら今がチャンス。

いまだ専用分が非常に多い車種で、

すでに欠品パーツなども
出始めているという状況も考えると、

なるべく程度のいいクルマを
選びたい。

プレミアもついているので
どこまで自分が求めるかを見極めたい。

2L直4NAを9000回転まで回し、

250馬力を得るなど豪快なFR。

初期型はピーキーな
ハンドリングであったが、

年々改良され、

2005年には
エンジンを2.2Lに排気量アップ。

エンジンの好みを踏まえ、

なるべく新しいモデルを探しべし。

相場:150万~300万円

◆V36型スカイラインクーペ
4

V36のスカイラインクーペは
Z34と基本構造は同じ。

でも4シーターで無理なく大人が乗れ、

しかも流麗なデザインで大人らしい一台。

FRとして素直なハンドリング、

そして図太いトルクで長距離
ドライブをそつなくこなす。

オトナGTを求めるなら
間違いなくこれだろう。

プラットフォームや
3.7L、V6エンジンといった
基本構造はZ34型のフェアレディZと
共通である、

フル4シーターのクーペ。

Zに比べ中古車が安いのもうれしい。

グレードは対抗ピストンキャリパー
などが付くタイプSかSPが一押し。

相場:130万~190万円

◆S15型シルビア
5

S15型のシルビアは最後のモデルだ。

ドリフト需要の高騰で
中古相場もかなり上がっている。

狙いとしては
むろんターボモデルだが、

年々キレイな個体が減りつつある

究極をいえば、

比較的安価な

NAモデルのボディに、
ターボエンジンに換装なんて手もある。

S14までのシルビアとは
段違いな高性能も魅力である。

アフターパーツは非常に豊富なので
自分好みのクルマに仕上げやすい
のみ魅力である。

グレードはターボのスペックRが
基本だが、

NA好きならメカチューン
が施されたオーテックバージョン
という通なグレードを
選ぶのも面白い。

相場:30万~130万円

◆初代ボクスター
6

ボクスターは確かに
エントリーモデルだ。

でもポルシェはポルシェ。

維持費も安いとは決して
いえないが、

それはある程度の旧い
国産車も同じこと。

日々のメンテナンスに
依るところが大きい。

ハンドリングについても秀逸な
クルマであるが、

オープンということもあり、

気持ちよく、

そしてかっこよく乗れる一台である。

初代ボクスターは968の後継車となる

MRのオープン2シーター。

初代ボクスターの初期モデルは
未完なところも多かったと
言われており、

買うならスタンダードモデルで
排気量2.7Lに拡大された
2000年以降のモデルがおススメ。

相場:90万~150万円

 

◆86/BRZはどの年式がねらい目か?
7

まず『前期型』と総称される
A型からd型までの86とBRZの変更箇所
などを振り返ってみる。

・A型

グレード体系は86が
カスタマイズベースのRC、

標準のG、

上級かつ売れ筋のGT、

最上級のGTリミテッド。

BRZはカスタマイズ―ベースのRA、

86のRCに対抗しこちらは
前後バンパーが塗装され、

HIDライトが装備されるのに加え、

オプションでエアコンを選べる。

標準のR、

上級のSとなる。

・B型

BRZではSグレードにA型で
メーカーオプションだった

フルフロアアンダーカバーが
標準装備され、

RAに大径ブレーキローターや
トルセンLSDなどから
構成されるパフォーマンスパッケージ

が設定された。

なお、86のB型に関しては
アナウンスがなく、

この時期からC型が登場
するまでに生産された

個体がB型に該当する。

・C型

実質的に初めての改良

86、BRZともに話題になった

フロントサスペンションメンバーと、

リアショックアブソ―バー
を付けるボルトのフランジ

を肉厚なものにすることによる
ボディ剛性の向上、

ショックアブソーバの
チューニングを見直し、

アンテナのシャークフィン化
などが行われた。

機能的な部分の変更に関しては、

B型までの86&BRZにも
部品交換で盛り込むことができる。

・D型

86、BRZともに機能面では

電動パワーステアリング
のチューニング見直しと

リアのボディ剛性が向上された。

また86のRC、

BRZのRAが廃止された代わりに、

BRZにRカスタマイズパッケージ

が設定された。

このように前期型の86と
BRZは後期型が登場するまでに

それほど大きな改良は
受けていないものの、

買うのであれば、
やはりなるべく新しい
モデルを狙いたいところ。

86&BRZの中古車は
年式の新しい個体が中古車の
流通などの事情なのか、

意外に安いこともあるので、

現時点ではそういった個体を
考えればベストだ。

しかし、

今後は後期型の登場により
前期型からの乗り換えで、

特にA型とB型の中古車の
流通が増えることも予想されるので、

急いでいないのであれば、

タマ数が増えて中古車価格が
こなれてから買う作戦をおススメしたい。

◆86/BRZ 選びの極意
8

・大きな変更はC型以降

・今後のA型、B型の値下がりを注視せよ。

・アフターパーツ、純正パーツの
流用でステップアップは可能

・年式が新しいクルマを安く買える
タイミングを探す。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク